ミラノ市立自然史博物館

マーカーはミラノ市立自然史博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ミラノ市立自然史博物館」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

ミラノ市立自然史博物館
[ミラノ市立自然史博物館 は、1838年に創設されたヨーロッパで最も重要な自然博物館の一つである。博物館は自然科学者で収集家のジュゼッペ・ダ・クリストフォリス(1803年 – 1837年)の意志により生まれた。彼がミラノ市に遺産として残した膨大なコレクションを彼の友人であった管理は初代館長ジョルジョ・ヤン(1791年 – 1866年)に任され、それが博物館の元となった。その彼の遺産も重要な自然科学のコレクションとして博物館に残った。その後巨大に成長したコレクションを収容する必要から、ジョヴァンニ・チェルーティの計画によるコルソ・ヴェネツィア地区のミラノ公共庭園内に、1888年から1893年に上部ではネオ・ゴシック様式もうかがえるネオロマン様式で専用の建物が現在の場所に建てられた。博物館は1943年の空襲によりほとんどが破壊され、コレクションの半分が失われた。戦後再建され、1952年に再び公開された。
ミラノ市立自然史博物館・wikipedia-photo、建物・wikipedia-photo、「創設者ジュゼッペ・デ・クリストフォリスの胸像」・wikipedia-photo、「ジョルジョ・ヤンの記念碑」・wikipedia-photo、ジュラ紀の恐竜の展示室・wikipedia-photo、「有名なスキピオニクス・サムニティクス(赤ちゃん恐竜)の化石」・wikipedia-photo  (wikipedia・ミラノ市立自然史博物館 より)]

ミラノ市立自然史博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がミラノ市立自然史博物館です。

カメラ西北西方向がミラノ市立自然史博物館です。

ミラノ市立自然史博物館内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*