ミラノ教区博物館

マーカーはミラノ教区博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ミラノ教区博物館

ミラノ教区博物館(Museo diocesano)
[ミラノ教区博物館は、2001年にミラノ大司教区のイニシアチブに基づいて設立され、精神的な文脈の中で教区の芸術的宝物を保護、強化、周知することを目的としています。
当初はミラノの枢機卿であり大司教で、1996年 5月12日に教皇ヨハネ・パウロ二世(任期:1978年 – 2005年)によって祝福された、イルデフォンソ・シュスター(Ildefonso Schuster)が望んでいました。1931年の「聖なる芸術と教区博物館のための」手紙の中で、彼は司教区への牧歌的な訪問を遂行することに熱心であることが証明されました。2001年12月7日にミラノ大司教カルロ・マリア・マティーニ(Carlo Maria Martini)枢機卿(1979年-2002年)によって開会されたミラノ教区博物館は、ドミニコ会修道院の一部であるサンテウストルジョ(Sant’Eustorgio)の回廊にあり、修道院は 第二次世界大戦の爆撃による回復の長い期間を要しました。
教区博物館には、教区、大司教区の写真ギャラリー、民間寄付からの作品が保存されています。 これらは、12の展示セクションに編成されています。
博物館の入り口・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、ミラノの教区博物館の画像またはその他のファイルが含まれています。]

司教区博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がミラノ教区博物館です。

ミラノ教区博物館エントランスのストリートビューです。

カルロ・フランチェスコ・ヌヴォローネ(Carlo Francesco Nuvolone)作『聖アンブロジウス』(制作1645年頃)

ミラノ教区博物館0階ホールのカメラです。

ステファノ・マリア・レニャーニ(Stefano Maria Legnani)作『アレクサンドリアの聖カタリナ(Santa Caterina d’Alessandria)』

ミラノ教区博物館1階階段ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*