ムゼオ・デル・ノベチェント(20世紀美術館)

マーカーはムゼオ・デル・ノベチェント(20世紀美術館)です。

[Google アートプロジェクト] – 「ムゼオ・デル・ノベチェント(20世紀美術館)」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

ムゼオ・デル・ノベチェント(20世紀美術館)
[2010年の年末にミラノに新しい美術館が開館しました。その名はムゼオ・デル・ノベチェント。ミラノ大聖堂広場の脇にできた話題のこの美術館は1900年代の作品を主に展示している近代美術館です。作品群として絵画などでは近代イタリア画家として最も有名な画家であるモディリアーニキリコジョルジョ・モランディなどの巨匠が名を連ねます。ピカソなどの絵も展示されていますが、主に未来派、モダンアートといった近代美術が中心となっています。絵画だけではなく彫刻、もちろんポップアートなどの展示もあり、まさにイタリア近代の街ミラノを象徴するような美術館となっています。この美術館は建物自体も見事なもので芸術品のひとつとして呼ぶことができますが、恵まれた立地条件を生かした窓から見える風景もとても素晴らしいものです。平衡して美術館にはミラノ1と言えそうな眺めを堪能できるカフェもありますし、こちらは知る人ぞ知る新しい秘密のスポットとなりそうです。また一階部分にはアートやデザインものの書籍を並べたコーナーなどもあります。  (「ミラノの新名所なるか、20世紀美術館 | アーモミラノ」より)]

Museo del Novecento – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がムゼオ・デル・ノベチェント(20世紀美術館)です。

ムゼオ・デル・ノベチェント(20世紀美術館)のストリートビューです。

ウンベルト・ボッチョーニ作、左『Ritratto di Innocenzo Massimino』(制作 1908年)、右『La signora Virginia』(制作 1905年)

ウンベルト・ボッチョーニ作『Elasticità』(制作 1912年)

カメラ初期設定方向、左・アンリ・マティス作『Odalisque』(制作 1925)、右上・ワシリー・カンディンスキー作『Composition (Study for “Bild mit zwei roten Flecken”)』(制作 1916年)、右下・パウル・クレーWald Bau』(制作 1919年)

アメデオ・モディリアーニ『Ritratto di Paul Guillaume (Paul Guillame assis)』(制作 1916年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*