レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立技術博物館

マーカーはレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立技術博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立技術博物館」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立技術博物館
[レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立技術博物館は、1953年2月、レオナルド・ダ・ヴィンチ生誕500年事業を記念して創立されたイタリアで最大の科学技術博物館。ミラノ中心部にある16世紀初頭に建てられた修道院だった建物に置かれています。  (「ミラノ MILANO」より)]

[物理科学の世界を探求できるおもしろいミュージアムです。2対の回廊によって囲まれている主要建物は昔ベネディクト修道会によって建てられたもので、1500 年からはオリヴェタニが使用していました。1953 年にはロンバルディの工場主の援助によって博物館として再建されました。記念碑、鉄道、海洋船舶があり、織物、鉄鋼、モーター、交通、テレコミュニケーション、天文学そして情報関連の部門があります。最も重要な部門「レオナルド・ダ・ヴィンチ美術館」では木製の軍事器具や飛行機械、科学器具、橋、要塞などが彼のデザインに基づいて再現されています。蒸気機関車のあるリバティ駅の再現もあります。 (「 ミラノの見どころ」より)]

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がレオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立技術博物館で、カメラ南西方向がサン・ヴィットーレ・カルポ教会です。

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立技術博物館エントランスホールのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*