アグア・デ・ラプラタ送水路

マーカーはアグア・デ・ラプラタ水道橋です。

アグア・デ・ラプラタ送水路(Aqueduto da Água de Prata)
[シルバー水道橋とも知られるアグア・デ・ラプラタ送水路はルネサンス時代の水力工学(Engenharia hidráulica)の創意工夫により建造された水道で、エヴォラに水を供給するため、ポルトガル王ジョアン3世(在位:1521年 – 1557年)の時世下、王室建築家フランシスコ・デ・アルーダ(Francisco de Arruda)によって設計、1531年から建設され1537年に供用開始されました。
水道の水源・サン・ベント・デ・カストリ(São Bento de Castris)修道院の敷地内にあるグラーバ・ド・ディバー(Graca do Divor)からの距離は18Kmあります。アグア・デ・ラプラタ送水路は1910年ナショナル・モニュメントに指定され、1986年に「エヴォラ歴史地区」としてユネスコ世界遺産に登録されました。水道橋は、現在も稼働し続けているこの時代の数少ない都市の1つであり、都市の供給に貢献しています。保存の必要性が強いため、水道橋は世界モニュメントウォッチ(World Monuments Fund)の隔年リストに加わりました。
環境歩道に沿ったオリーブの木立に沿ったアグアダプラタ水道橋のパノラマビュー・wikipedia-photo、環境トレイル沿いの牧草地に沿ったアグアダプラタ水道橋のパノラマビュー・wikipedia-photo、「アグア・デ・ラプラタ送水路」・wikipedia-photowikipedia-photo、都市景観のなかのアーチ・wikipedia-photo、「ルネッサンスウォーターボックス(右の図)-シルバーの水道橋」・wikipedia-photo、ルネッサンスの水箱・wikipedia-photo、エヴォラのカノ通り-シルバーの水道橋・wikipedia-photo、シルバーウォーター水道のアーチ内に建てられた家の詳細・wikipedia-photo、Largo doChãodas Covasの17世紀の噴水・wikipedia-photo、Rua do CanoとLargo doChãodas Covasの間のシルバーウォーター水道の小さなアーケード・wikipedia-photo、]

Aqueduto da Água de Prata – Google Map 画像リンク

カメラ位置は水路橋部の終点です。

カメラ東方向送水路の下に家屋が建設されています。

カメラ東方向エヴォラ城壁上に架かるアグア・デ・ラプラタ送水路。

アライオロス通りにあるアグア・デ・ラプラタ水道橋。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*