エヴォラ城壁

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    [紀元前57年、エヴォラは共和制ローマの支配下に入った。これ以降エヴォラは二重の城壁を持った町へ発展を遂げた。
    「ローマのフェンス」としても知られるエヴォラの城壁は、何世紀にもわたって建設されてきた軍事建築の防御的施設で、最も古いフェンスは、ローマ帝国時代の3世紀に建設され、長さ約2,000メートルの約10ヘクタールの地域に広がっています。今日、エヴォラ大聖堂が建っている都市の最も高い部分を取り囲んでいました。古いフェンスとして知られる最初の壁は、ローマ中世の建築であり、正方形、円形、多角形の異なる形状のいくつかの塔が特徴です。また、主要道路軸上に戦略的に配置されたさまざまな門によってマークされています。この期間の重要な証言は、デ.イザベル門(Porta de D.Isabel)です。エヴォラの歴史的中心部に入るには、これらのドアのいずれかを通過する必要があります。
    エヴォラ市の防御システムは、異なる期間に対応する2本の壁で構成されています。2番目の線は、最初の壁の周囲を超えて居住領域が広がったことと、この新しいエリアの保護の必要性から生じました。新しいフェンスとして知られる2番目の壁は、14世紀にポルトガル王アフォンソ4世(在位:1325年 – 1357年)によって築かれ、ポルトガル王フェルナンド1世(在位:1367年 – 1383年)の治世まで続きました。その後、17世紀に高度な要塞の建設により補強されました。
    エヴォラの歴史的中心部は、外側のフェンスで区切られており、依然として市の政治、行政、経済、社会の中心地として残っています。
    全体として、フェンスは中世都市の境界を示す塔と壁で構成されています。大学の塔(Torres da Rampa dos Colegiais)の傾斜路、サン・バルトロメウ・バルアルテ(Baluarte de São Bartolomeu)、エヴォラ・パブリック・ガーデン(Jardim Público de Évora)、アビズの門(Portas de Aviz)、ラグーンの古い門(Porta Velha da Lagoa)、フェルナンディナの壁(muralha Fernandina)とリッペ伯爵(Baluarte do Conde de Lippe)の砦と騎兵隊の兵舎近くの壁の接続。
    エヴォラの城壁は、ローマ人、西ゴート人ムーア人、中世ポルトガル人など、さまざまな人々によってさまざまな時期に行われたさまざまな改変や修復が特徴の、多種多様なスタイルが特徴です。それらは要塞化された防御線として古くから使用されており、16世紀から大砲の使用に適応しました。
    西ゴート時代から、フォースクエア・タワー(Torre Quadrangular)、または西ゴート族の王であるシセブトの塔(Torre de Sisebuto)があります。これは、7世紀に壁の建設に起因したものです。ただし、この塔は3世紀に建てられたローマ時代後期の建造物であることが知られています。それは都市の最も古風な防御構造の一部であり、大きく変更された要素です。
    イスラム時代(715年 – 1165年)のフェンスの構造は確かではありませんが、エヴォラ大聖堂とエヴォラのローマ神殿の裏にはその時代の痕跡が残っています。
    エヴォラ城壁は1922年以来国定記念物に分類されており、ユネスコ世界遺産としてエヴォラの歴史的中心地の不可欠な部分です。  (Muralhas de Évora)]

    エヴォラ城壁図

    カメラ北東方向が城門跡になります。(城門跡-1)(ライムンドの門・Porta do Raimundo)「PORTA DO RAIMUNDO – Google Map 画像リンク

    城門跡-2

    城門跡-3(ラグーンの古い門)

    城門-4(アビズの門)「Portas de Avis – Google Map 画像リンク

    城門-5

    城壁-6

    サン・バルトロメウ・バルアルテ(Baluarte de São Bartolomeu)

    リッペ伯爵の砦(Baluarte do Conde de Lippe)

    デ.イザベル門(Porta de D.Isabel)「Arco Romano de Dona Isabel – Google Map 画像リンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *