エヴォラ大聖堂

マーカーはエヴォラ大聖堂です。

エヴォラ大聖堂
[エヴォラ大聖堂 (Sé de Évora)は、ポルトガルエヴォラにある、ポルトガル有数の古く歴史的に重要な文化財の一つ。市の歴史地区の一部で、市で最も標高が高い地点にある。 1988年、ユネスコにより世界遺産に登録された。
1166年、『恐れ知らずのゲラルド』(Gerald the Fearless)によって、エヴォラはムーア人支配から解放された。すぐその後、キリスト教徒の支配者によって、聖母マリアに捧げる大聖堂の建設が始められた。この最初の建物は1184年から1204年にかけ建てられ、非常にこじんまりとしたものだった。この建物は初期ゴシック様式で1280年頃から1340年頃までかけて拡張された。その後、時代が変わるごとに大聖堂は幾度もの価値の高い付け足しをされた。14世紀のゴシックの回廊、16世紀初頭のマヌエル様式によるエスポラォン礼拝堂、18世紀初頭のバロック様式による壮麗な主礼拝堂などである。大聖堂は、中世ポルトガルで最も大きな大聖堂で、ゴシック建築の好例である。
ヴァスコ・ダ・ガマが初めて東方航海へ出発した際の旗艦旗が、1497年にエヴォラ大聖堂の最初の内陣で祝福されたと、広く信じられている。
最も重要な歴史の象徴で大聖堂を連想させるのは、エヴォラの大司教枢機卿であったエンリケ枢機卿王(1512年-1580年)である。彼は、ジョアン3世(在位:1521年 – 1557年)の実弟で、アルカセル・キビールの戦いで戦死した大甥セバスティアン1世(在位:1557年 – 1578年)のあとを継いで、即位した。彼が統治したのはわずか1578年から2年間だけだった。
16世紀と17世紀、エヴォラ大聖堂に多声音楽のためのエヴォラ学校が開設され、ポルトガル音楽史に重要な役割を担った。マテウス・デ・アランダやマヌエル・メンデス、彼らの生徒ドゥアルテ・ローボとフィリペ・デ・マガリャンエスら作曲家たちが、大聖堂と関係した。

エヴォラ大聖堂は、主に1280年から1340年の間に建てられた。交差廊のてっぺん部分は、ペンデンティヴと8角形のランタンのあるドーム上にある。交差廊は、2つのゴシック様式バラ窓で照らされている。広い本堂は、トンネル状ヴォールトがポイントである。内装は、白いモルタルを高い壁と柱、ヴォールトに塗りアクセントがつけられています。
中央の本堂中程に、多彩色のゴシック像『受胎した聖母マリア像』(15世紀)のある大きなバロックの祭壇がある。
大聖堂の回廊は、1317年から1340年にかけゴシック様式で建てられた。
左交差廊にあるエスポラォン礼拝堂(Capela do Esporão)は、1520年代にマヌエル様式で再建された。
大聖堂のメイン・ファサードは、リスボン大聖堂のと似たバラ色の花崗岩で建てられた。2つのどっしりした塔は16世紀に完成した。主出入り口を囲む入り口ロビーの側面に立つ。
尖塔アーチ形の主出入り口は、ポルトガル・ゴシック建築の傑作である。大理石の円柱は1330年代につくられた12使徒の巨大な像で占められている。
納骨堂は、エヴォラ骸骨礼拝堂「The Capela dos Ossos」とも呼ばれる。16世紀に建てられたもので、エヴォラにあった42の修道会墓地から集めた約5000体もの人骨が壁・柱などの至る所に装飾的に埋め込まれている。
主礼拝堂は1718年から1746年の間に、ジョアン5世(在位:1706年 – 1750年)の支援で全体を再建された。
「メイン・ファサード」・wikipedia-photo、聖堂の側壁と交差廊・wikipedia-photo、バロックの礼拝堂を背景にした本堂・wikipedia-photo、12使徒像・wikipedia-photo、回廊・wikipedia-photo  (wikipedia・エヴォラ大聖堂より)]

[旧市街の丘上にそびえ立つ大聖堂は、エヴォラを奪還したキリスト教徒の手により1204年に完成。建築様式の移行期に建てられたため、外観はロマネスク、内装はゴシックと好対照を見せています。16世紀に据えられたヨーロッパで3番目に古いパイプオルガンは、はるばる日本から訪れた天正遣欧少年使節の伊東マンショらも弾いたといわれ、数百年の時を隔てた巡り合いは不思議な思いに駆られます。  (「エヴォラ|ポルトガル 世界遺産|阪急交通社」より)]

エヴォラ大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がエヴォラ大聖堂です。

エヴォラ大聖堂身廊のカメラです。カメラ西北西方向に『受胎した聖母マリア像』(15世紀)のある大きなバロックの祭壇があります。

エヴォラ大聖堂祭壇前のカメラです。

エヴォラ大聖堂回廊のカメラです。

エヴォラ大聖堂中庭のカメラです。

カメラ位置は回廊屋上で、カメラ北方向が聖堂の側壁と交差廊です。

エヴォラ大聖堂屋上のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*