エヴォラ市庁舎

マーカーはエヴォラ市庁舎です。

エヴォラ市庁舎
[エヴォラ(Évora)はポルトガル南東部アレンテージョ地方エヴォラ県にある町である。人口は、57,073人(2011年)。面積は1307平方キロメートル。スペイン国境に近い。
ローマ帝国時代からアレンテージョ地方の中心地として栄え、ルネサンスの時代には、大学もおかれた学芸の都でもある。1584年9月には、伊東マンショらの天正遣欧少年使節が立ち寄った街でもある。
アレンテージョ地方はテージョ川の南に広がる平野地帯であり、エヴォラは河口に位置するポルトガルの首都リスボンより東に約130kmの所に位置している。旧市街の史跡の保存状態も良く、ユネスコ世界遺産に登録されている。
紀元前57年、エヴォラは共和制ローマの支配下に入った。これ以降エヴォラは二重の城壁を持った町へ発展を遂げた。
4世紀になるとエヴォラにもキリスト教が浸透し、司教座を持つようになった。
民族移動時代の間、エヴォラは西ゴート族の領土となった。エヴォラの地位は聖堂を持つ都市へと昇格していた。とはいえ、この時代の建造物は多く残されていない。
715年、ターリク・イブン・ズィヤード率いるムーア人が、エヴォラを征服した。イスラームの統治は、1165年にまで及んだが、その間エヴォラはゆっくりとではあるが繁栄を取り戻していった。エヴォラは要塞とモスクを持つ町となり、この地方の農業の中心地となった。エヴォラの町の特徴は、ムーア人の影響を受けている。
1165年9月、エヴォラは「恐れ知らず」のジェラルド(Gerald the Fearless)の攻撃によってムーア人の手から奪われ、翌年にアフォンソ1世(在位:1139年 – 1185年)の統治下に入った。その後、15世紀にかけてポルトガルは経済的繁栄を築くが、ブルゴーニュ王朝(1143年 – 1383年)・アヴィス王朝(1385年 – 1580年)の時代を通して国王はエヴォラに滞在することが多く、邸宅や記念碑、宗教的建築物が建設された。王族の結婚式が行われ、この地で重要な決定もしばしば行われた。
特に、アヴィス王朝時代、とりわけマヌエル1世(在位:1495年 – 1521年)やジョアン3世(在位:1521年 – 1557年)が統治した15世紀後半から16世紀の前半にかけて、エヴォラはルネサンスの中心となり、フランス人彫刻家のニコラ・シャントレーヌ(Nicolau Chanterene)やポルトガルの戯曲の父であるジル・ヴィセンテといった芸術家が集まった。
エヴォラは1540年に大司教座に昇格した。1559年にはイエズス会によってエヴォラ大学(University of Évora)が創設された。イエズス会の影響の下、エヴォラは対抗宗教改革の中心となり、スペインのクエンカで生まれたルイス・デ・モリナなどがここで宗教教育を受けた。
1759年、ポンバル侯爵がイエズス会をポルトガルから追放し大学が閉鎖されるとエヴォラは徐々に衰退していった。(なお、エヴォラ大学は1973年に再建された。)
多くの芸術家によってたくさんの建物がエヴォラの地に建設された。現存する建築物の様式は多様性に富んでおり、ロマネスク建築ゴシック建築マヌエル建築ルネサンス建築バロック建築と様々である。
現在、歴史地区の範囲は1.05平方kmであり、約4000の建物がある。  (wikipedia・エヴォラより)]

Municipality of Évora – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がエヴォラ市庁舎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*