ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会

マーカーはノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会です。

ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会(Igreja da Graça)
[ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会と修道院(グレースの聖母のグレース教会&修道院・一般にはグラサ修道院またはグレースの少年と呼ばれます。)はエヴォラ市のルネッサンス様式の宗教建築の最も重要なモニュメントの一つです。この修道院は、聖オーガスティン(ヒッポのアウグスティヌス)修道院修道士によって1511年に設立され、ジョアン3世(在位:1521年 – 1557年)の時代、1540年建築家ミゲル・デ・アルーダ(Miguel de Arruda)によって建設が始まりました。建物は、純粋なルネッサンス様式の良い例で、教会のファサードは、ペディメントのコーナーに彫刻の地球儀を置くなど、その特異な建築デザインのために注目されています。
しかし、1834年、ポルトガル内戦(1828年 – 1834年)の終結により教会の財産は没収され、修道院の建物は国家の所有となり兵舎になりました。この変換は、修道院に大きな被害をもたらしました。建物は荒廃し、多くの宗教と芸術の宝が永遠に失われ、街のアートコレクションのための巨額の損失でした。この期間において、祭壇、画像、教会の鐘の多くは聖ペテロ教区のサン・フランシスコ教会に移しました。教会の悲惨な状態は1884年にピークに達し、ドームの崩壊、聖アウグスティヌスの生活の場面を表した壮大なアズレージョを失ってしまいました。
教会は、1910年IGESPARによってナショナル・モニュメントとして登録され、20世紀の後半に復元されるようになりました。2001年ユネスコ世界遺産に登録されています。]

Graça church – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会です。

ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会身廊のカメラです。

ノッサ・セニョーラ・ダ・グラサ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*