ドン・マヌエル宮殿跡(ギャラリー・オブ・ダムズ)

マーカーはギャラリー・オブ・ダムズです。

ドン・マヌエル宮殿跡(Palácio de Dom Manuel・ギャラリー・オブ・ダムズ)
[かつてサンフランシスコの王宮として知られていたポルトガルエヴォラにあるドン・マヌエル宮殿は、ポルトガル王アフォンソ5世(在位:1438年 – 1481年)によって建てられました。
マヌエル1世(在位:1495年 – 1521年)、ジョアン3世(在位:1521年 – 1557年)、セバスティアン1世(在位:1557年 – 1578年)を含むポルトガルの君主が住んでいた宮殿は、1580年、エンリケ1世(在位:1578年 – 1580年)が嗣子なく死去すると、スペイン王フェリペ2世(スペイン王在位:1556年 – 1598年)がリスボンを占拠し、ポルトガル王に即位しました。スペイン王フィリップ3世(在位:1598年 – 1621年)が1619年に訪れたときに破壊されました。また、19世紀後半、共和主義者による王政への批判が進み、王党派は共和主義者による攻撃を受け、1895年に宮殿は完全に失われました。
当時の記録によれば、宮殿は王国で最も注目すべき建物の1つであり、主要な建物はルネサンスの回廊、女王の部屋、食堂、王室図書館であり、国内で最初の建物の1つでした。
今日、宮殿に残っているのは、マヌエル様式の優れた代表者であるガレリア・ダス・ダマス(Galeria das Damas)だけですが、軍用列車の使用により生き残ったルネッサンスの痕跡が残っています。 ガレリア・ダス・ダマスは、ギャラリー、閉じたパビリオン、ポーチがある1階、長方形の平面で構成されています。2階には2つのラウンジとムーア様式のロビーがあります。外にはタレット(小塔)があり、2階建てで、マヌエルドアのある六角形の尖塔で終わります。
宮殿は、国内最大の建築作品の1つであることに加えて、歴史的にも非常に重要で、ヴァスコ・ダ・ガマがここでインドへの航海を任命されたと伝えられています。
「かつて壮大だったエヴォラの王宮のうち、今日残っているのは、ギャラリー・オブ・ダムズと古い城の遺跡です。」・wikipedia-photo]

Ruínas Fingidas – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がギャラリー・オブ・ダムズです。

カメラ東北東方向がギャラリー・オブ・ダムズのポーチです。

ギャラリー・オブ・ダムズ南東側の360citiesです。

ギャラリー・オブ・ダムズ南側のカメラです。

ドン・マヌエル宮殿跡の遺跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*