ロイオス教会

マーカーはロイオス教会です。

ロイオス教会(Convento dos Lóios)
[ディアナ神殿の隣にある15世紀に建築された教会。教会と回廊ゴシック様式を採用し、内壁はアズレージョと呼ばれるタイルワークで飾られている。  (wikipedia・エヴォラより)]

[聖ヨハネ修道院エバンジェリストとして知らロイス修道院(教会)は、中世の城の遺跡に、15世紀に建てられました。1755年のリスボン地震で甚大な被害を被りました。大地震の後、正面入口の一部を除いて改築しました。建築様式はマヌエル様式で、身廊は5つの長方形のスパンで構成され、天井はリブ・ヴォールトで覆われています。壁は18世紀のアズレージョで装飾されています。
1487年、オリベンサの最初の伯爵タンジール総督、ポルトガル王アフォンソ5世(在位:1438年 – 1481年)の主衛のD.ロドリゴデメロ(D. Rodrigo de Melo)がポルトガル王ジョアン2世(在位:1481年 - 1495年)の許可の下でこの修道院の建設を始めました。
修道院は、アラブ起源のエヴォラ城の一部があった場所に建てられました。エヴォラ城は、1383〜1385年の危機の際に起こった戦闘中に大規模な火災で焼失しました。
百年戦争と連動したカスティーリャとの戦争が続く中、1383年に発生した民衆蜂起をきっかけに親カスティーリャ派と反カスティーリャ派の対立が激化した。最終的にイングランドと結んだ反カスティーリャ派の勝利によって、コルテスイベリア半島の身分制議会)の承認のもとで1385年にアヴィス朝が成立し、ポルトガルはカスティーリャ(スペイン)から独立した。
1491年、修道院の建設が実質的に完成し、教会は奉献されました。
1498年に、隣接する「エヴォラ大聖堂の少年たちの大学」まで建物を拡張する重要な作業が行われました。
18世紀には、1755年の地震ですでに崩壊した建物がさらに台無しになり、特に正面と修道院で修復作業が行われました。
1834年、修道院が消滅したため、1937年に南部記念碑総局の本部が入居し、1944年にエヴォラ地区公文書館の設置工事が行われたことが知られていますが、長い間居住されていませんでした。
1922年以来、ポルトガル歴史的建造物として分類されています。
1957年にポザーダ(Pousadas de Portugal)への適応の研究が始まりました。ポザーダは、建築家のルイ・アンジェロ・ド・クート(Rui Ângelo do Couto)のプロジェクトの下、1963年3月27日に発足する予定でした。
1階のチャプタールームの入り口にある馬蹄形のアーチ型の正門は、マヌエル・ムデハル様式の建築の完璧な例と考えられています。 このドアには、アザモールの戦い(Batalha de Azamor)へのD.ロドリゴ・デ・メロ(D. Rodrigo de Melo)の参加を暗示するメダイヨン(Medallion)がまだあります。
1986年、修道院を含むエヴォラの歴史的な市内中心部は、ユネスコ世界遺産に登録されています。
ロイオス修道院のファサード・wikipedia-photo]

ポサーダ コンベント デ エヴォラ (ポルトガル エヴォラ) – Booking.com

Igreja de São João Evangelista – Igreja dos Lóios – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がロイオス教会で、その右が修道院で、現在はポザーダとなっています。

ロイオス教会身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*