ローマ神殿(ディアナ神殿)

マーカーはローマ神殿です。

ローマ神殿(Roman Temple of Évora)
[紀元前57年、エヴォラは共和制ローマの支配下に入った。これ以降エヴォラは二重の城壁を持った町へ発展を遂げた。ガイウス・ユリウス・カエサルはエヴォラの町を”Liberalitas Julia”(肥沃なるジュリア)と呼んだ。町の成長はエヴォラが交易路の交差点であったことからも続き、ガリアルシタニアを旅行した博物学者ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(大プリニウス)はエヴォラを訪問し、著書『博物誌』に”Ebora Cerealis”として記述した。その記述によると、当時のエヴォラは周囲を小麦畑で囲まれていたことが分かる。また、エヴォラの繁栄はこの当時に多く発行されたコインでも明らかである。町の中心部にはコリント様式の神殿が建立され、ローマ初代皇帝アウグストゥスが祀られた。
ローマ神殿 – 1世紀にローマ皇帝アウグストゥスを祀るために作られた神殿。女神ディアナを祀ったものであるとの俗説から、ディアナ神殿とも呼ばれる。
ローマ時代のディアナ神殿・wikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・エヴォラより)]

エヴォラのローマ神殿 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がローマ神殿(ディアナ神殿)です。

ローマ神殿(ディアナ神殿)前のカメラです。

カメラ北北西方向がローマ神殿(ディアナ神殿)です。