オビエドとアストゥリアス王国の建造物群

「Google Earth で街並散歩(ヨーロッパ編)」で取り上げた、オビエドとアストゥリアス王国の建造物群についてまとめてみました。

オビエドとアストゥリアス王国の建造物群の内、サンタ・クリスティナ・デ・レーナ教会を除く 5 つを「Google Earth で街並散歩(ヨーロッパ編)」で紹介しています。また、サン・サルバトル大聖堂は世界遺産に入っていませんがカマラ・サンタ・デ・オビエドがサン・サルバトル大聖堂の一部であることから掲載いたしました。

下地図右のリストをクリックすると、上の地図にその場所がズーム表示、下地図に情報ウインドウが表示され情報ウインドウ内のリンクをクリックするとマーカーポイントのページが表示されます。また、「初期設定」ボタンをクリックすると初期画面に戻ります。

     
    [世界遺産
    オビエドおよびレナ( Lena・オビエドから南に 34 km の町)にある 9 世紀の教会 3 つは、1985年に「アストゥリアス王国の教会」としてユネスコの世界遺産に登録された。 1998 年に 3 つの建造物が追加され、「オビエドとアストゥリアス王国の建築物群」と改名された。
    サン・ミゲル・デ・リーリョ教会San Miguel de Lillo
    サンタ・マリーア・デル・ナランコ教会Santa María del Naranco
    ●サンタ・クリスティナ・デ・レーナ教会(Santa Cristina de LenaGoogle Mapストリートビュー
    カマラ・サンタ・デ・オビエドCámara Santa de Oviedo
    サン・フリアン・デ・ロス・プラードス教会San Julián de los Prados
    フォンカラーダの泉Foncalada
    「サン・ミゲル・デ・リーリョ教会」・wikipedia-photo、「サンタ・マリーア・デル・ナランコ教会」・wikipedia-photo、「カマラ・サンタ・デ・オビエド」・wikipedia-photo、「サン・フリアン・デ・ロス・プラードス教会」・wikipedia-photo、フォンカラーダの泉・wikipedia-photo  (wikipedia・オビエドより)]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *