アムステルダム国立美術館

マーカーはアムステルダム国立美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館
[アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam)はオランダの首都アムステルダムにある美術館である。「ライクス・ミュージアム」と呼ばれている。17世紀オランダ絵画が充実している。
1800年にオランダ総督シャルル=フランソワ・ルブランハーグで開いた展覧会が基礎となっている。当時はナショナル・アート・ギャラリーと呼ばれていたが、1808年にナポレオン1世の命によりアムステルダムに移転。1885年に現在の場所に移動した。
2004年より、2008年夏の公開に向けて大規模な改修が行われていたが、工事計画が地元の反対などで二転三転し、中断。本館が10年にも亘って閉鎖されているという事態が続いていたが、2013年4月にベアトリクス女王により開館された。
収蔵作品
●『青年期の自画像』『夜警』 『イサクとリベカ、別名ユダヤの花嫁』『アムステルダムの布地ギルドの見本監察官たち』:レンブラント・ファン・レイン
●『牛乳を注ぐ女』『手紙を読む青衣の女』『小路』『恋文』:ヨハネス・フェルメール
●『陽気な家族』『身づくろいをする女』『聖ニコラスの祝日』:ヤン・ステーン
●『銀の水差しのある静物』:ウィレム・カルフ
●『威嚇する白鳥』:ヤン・アセリン
●『スケートをする人々のいる冬景色』: ヘンドリック・アーフェルカンプ
●『陽気な酒飲み』:フランス・ハルス
●『ワイク・バイ・ドゥールステーデの風車』:ヤーコプ・ファン・ロイスダール
●『家の裏庭にいる三人の女性と一人の男』『配膳室の女と子ども』:ピーテル・デ・ホーホ
「アムステルダム国立美術館:背面」・wikipedia-photo、「『手紙を読む青衣の女』(1662-63頃)ヨハネス・フェルメール」・wikipedia-photo、「『牛乳を注ぐ女』(1660頃)ヨハネス・フェルメール」・wikipedia-photo、「『夜警』(1642)レンブラント」・wikipedia-photo、「『スケートをする人々のいる冬景色』(1608頃)ヘンドリック・アーフェルカンプ」・wikipedia-photo、「『青い服の娘』(1641)ヨハネス・コルネリス・フェルスプロンク」・wikipedia-photo  (wikipedia・アムステルダム国立美術館より)]

アムステルダム国立美術館ホームページ

アムステルダム国立美術館0階平面図

アムステルダム国立美術館1階平面図

アムステルダム国立美術館2階平面図

アムステルダム国立美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がアムステルダム国立美術館正面で、中央にムセーウム通り(Museumstraat)がある。

アムステルダム国立美術館0階チケット売り場フロアのストリートビューです。カメラ北東方向ガラス窓向こうがムセーウム通り(Museumstraat)で、出入り口があります。

アムステルダム国立美術館1階北側階段ホールのストリートビューです。

1-18展示室 – ゴッホ作『ゴッホの自画像』

アムステルダム国立美術館1階南側階段ホールのストリートビューです。

1-9展示室 –

アムステルダム国立美術館2階大ホールのストリートビューです。

2階「GALLERY OF HONOUR」 – ヨハネス・コルネリス・フェルスプロンク作『青い服の娘』(制作1641年)

2階「GALLERY OF HONOUR」 – ヤン・ステーン作品のエリアで、正面壁右端に『聖ニコラウスのお祭り』(制作1665年)、中央に『陽気な家族』(制作1668年)、左壁の左に『自画像』(制作1670年)があります。

2階「GALLERY OF HONOUR」 – ヨハネス・フェルメール作、左『牛乳を注ぐ女』、右『手紙を読む青衣の女』で、画面左に『恋文』(制作1669年)、『デルフトの小路』(制作1658年)があります。

2階「GALLERY OF HONOUR」 – ヤン・アセリン作『威嚇する白鳥』(制作1640-1652年)

2階「GALLERY OF HONOUR」 – レンブラント作品のエリアで、カメラ方向左が『アムステルダムの布地ギルドの見本監察官たち』(制作1662年)で、右が『イサクとリベカ、別名ユダヤの花嫁』(制作1665-1669年)です。

2階「NIGHT WATCH」 – レンブラント作『夜警』

2-18室 – レンブラント作『青年期の自画像』(制作1628年頃)

2-6室 – ヘンドリック・アーフェルカンプ作『スケートをする人々のいる冬景色』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*