アルバート・カイプ市場

マーカーはアルバート・カイプ市場です。

アルバート・カイプ市場
[アルバート・カイプ市場(Albert Cuypmarkt)はオランダアムステルダム市 南西区(Oud-Zuid)のアルバート・カイプ通り(Albert Cuypstraat)で行われる、オランダ最大規模の露天市場のこと。露天市場が開催されるのは、アルバート・カイプ通りの西端はFerdinand Bolstraat(トラム16,24系統のAlbert Cuypstraat‎停留所)と東端Van Woustraat(トラム4,25系統が走る道)までの間である。露天市場は週6日(月~土曜日)、朝9時ごろから夕方18時ごろまで開かれ、この間は完全に歩行者専用道路となる。野菜や果物といった食料品、衣料品や雑貨など日用品を扱う店が主に出展している。露天が出ているアルバート・カイプ通りの延長距離は、約600mである。露天市場は1910年頃アムステルダム市当局によって開設された。この時同時に開設された市場にはダッペル市場リンデンフラハト市場テン・カテ市場などがある。なお、最初は土曜午後のみの開催であった市が毎日開かれるようになったのは1912年のことである。なお、通りの名は17世紀の画家アルバート・カイプに因んでいる。
「アルバート・カイプ通り」・wikipedia-photo  (wikipedia・アルバート・カイプ市場より)]

アルバートクイップマーケット – Google Map 画像リンク

アルバート・カイプ通り/Van Woustraat・カメラ西南西方向がアルバート・カイプ市場です。

アルバート・カイプ通り/Eerste van der Helststraat の交差点

アルバート・カイプ通り/Ferdinand Bolstraat・カメラ東北東方向がアルバート・カイプ市場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*