アンネ・フランクの家

マーカーはアンネ・フランクの家です。

[Google アートプロジェクト] – 「アンネ・フランクの家

[グーグル・アート・プロジェクトは、アンネ・フランクを「ホーロコースにまつわる物語文化における女性たち」で「アンネ・フランク(彼女の人生、日記、彼女が遺したもの)」としてまとめています。]

アンネ・フランクの家
[ドイツのフランクフルト・アム・マインの裕福なドイツ系ユダヤ人一家の末娘として生まれたアンネ・フランクは、ナチスによるユダヤ人迫害を恐れ、一家とともにオランダに移住した。しばらくは比較的安穏な日々が続いたが、1940年5月10日、中立を宣言していたオランダにドイツ軍が侵攻してきた。四日後の14日には全域を占領し、国内ではユダヤ人に対する圧力が強まっていった。それまでモンテッソーリ・スクールで普通の少女として過ごしてきたアンネも、一般の学生と引き離され、1941年の夏からは姉のマルゴットともどもユダヤ人学級への編入を強いられるなど、次第に自由を制限されるようになっていった。ユダヤ人狩りが頻繁に行われはじめ、危機的状況が色濃くなってくると、フランク一家は密かに安全な場所へ移り住む準備に取りかかった。1942年7月5日、マルゴに労働キャンプへの召集令状が届いたことを契機に、翌6日にはオットーの職場事務所の三階と四階を隠れ家にした篭城生活をスタートさせる。さらに同僚のファン・ペルス夫妻と息子のペーター、歯科医のプフェファーが加わり、この共同体は最終的に8人となった。1944年、この隠れ家がゲシュタポ(ナチスの秘密警察)に発見され、アンネ・フランクはアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に送られてしまう。約2年間続いた家での生活は終わりを告げた。
この建物が建てられたのは1635年。1960年にこの隠れ家を整備し「アンネ・フランクの家」として開館し、一般に公開が行われる様になった。現在はアンネ・フランク財団の所有となっている。この財団は、アンネ・フランクを襲った不幸であるユダヤ人迫害を教訓にユダヤ人のみならず人種差別に反対する活動を行っている。外装の1、2階部分は改装され当時の面影は無いが、内部は当時の生活がしのばれる物がそのまま保存されている。隠れ家(裏側の建物)に通じる入口を隠した回転式の本棚、「アンネの日記」を綴った屋根裏の部屋もあり、戦争の悲惨さがそのまま伝わってくる。年間約100万人が訪れる。
「アンネ・フランクの家」・wikipedia-photo、外観・wikipedia-photo、隠れ家(裏側の建物)に通じる入口を隠した回転式の本棚・wikipedia-photo  (wikipedia・アンネ・フランクの家より)]

アンネ・フランクの家 – Google Map 画像リンク」「Anne Frank Huis – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がアンネ・フランクの家です。

アンネ・フランクの家のドアです。