クレラー・ミュラー美術館

マーカーはクレラー・ミュラー美術館です。

クレラー・ミュラー美術館-フィンセント・ファン・ゴッホの作品一覧

クレラー・ミュラー美術館(英語:Kröller-Müller Museum、オランダ語:Kröller-Müller Museum)
[クレラー・ミュラー美術館は、オランダヘルダーラント州エーデのデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内のオッテルロー村にある美術館である。
実業家のアントン・クレラー・ミュラーと、その夫人ヘレン・クレラー・ミュラーのコレクションを基に1938年に開設された。
フィンセント・ファン・ゴッホに関するコレクションで知られ、その絵画87点におよぶ規模はアムステルダムゴッホ美術館とならび、2大ゴッホ美術館と称される。
屋外での展示もあり、緑に囲まれた広大な敷地に彫刻が散在する展示方法は、日本の彫刻の森美術館の参考になった。
アムステルダムから行く場合には、列車でアペルドールンまたはエーデ・ワーゲニンゲン (Ede-Wageningen) まで行きバスに乗り換える。美術館の入館料の他に、国立公園の入場料が必要となる。  (wikipedia・クレラー・ミュラー美術館ヨリ)]

[ゴッホの作品に囲まれる館内ギャラリー
ここクレラー=ミュラー美術館には、ゴッホの90枚の絵画と180枚のデッサンがあります。作品所蔵点数はなんと世界第二位(第一位はアムステルダムのゴッホ美術館)。
美術館の建物中央部にゴッホ・ギャラリーと呼ばれるコーナーがあり常時約40点の絵画が入れ替えで展示されています。初期のデッサンから晩年の名作まで様々なゴッホ作品に触れることができます。  (「オランダの自然とアートを満喫!クレラーミュラー美術館 …」より)]

クレラー・ミュラー美術館ホームページ
クレラー・ミュラー美術館平面図

クレラー・ミュラー美術館Kröller-Müller Museum – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がクレラー・ミュラー美術館進入路です。

クレラー・ミュラー美術館入口前のカメラです。

フィンセント・ファン・ゴッホ作『ジャガイモを食べる人々』(1885年4月)(wikipedia-photo)

ゴッホ作『アルルの跳ね橋』(アルルのラングロワ橋と洗濯する女性たち)(1888年3月)(wikipedia-photo)

(拡大画像へリンク)

ゴッホ作『種まく人』(1888年6月・ジャン=フランソワ・ミレーの構図に基づく。)(wikipedia-photo)

(拡大画像へリンク)

ゴッホ作『夜のカフェテラス』(1888年9月)(wikipedia-photo)

(拡大画像へリンク)

ゴッホ作『ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女』(1888年12月)(wikipedia-photo)

(拡大画像へリンク)

ゴッホ作『郵便配達人ジョゼフ・ルーラン』(1889年4月)(wikipedia-photo)

ゴッホ作『アルルの女 (ジヌー夫人)』(1890年2月)(wikipedia-photo)

(拡大画像へリンク)

ゴッホ作『悲しむ老人(永遠の門)』(1890年4月-5月)(wikipedia-photo)

(拡大画像へリンク)

ゴッホ作『糸杉と星の見える道』(1890年5月12日-15日)(wikipedia-photo)

(拡大画像へリンク)