ゴッホ美術館

マーカーはゴッホ美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ゴッホ美術館

ゴッホ美術館
[ゴッホ美術館(ゴッホびじゅつかん、Van Gogh Museum)は、オランダアムステルダムにある、フィンセント・ファン・ゴッホの作品を中心とした美術館である。
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年3月30日-1890年7月29日)の作品を中心とした国立美術館。
ゴッホ作品のほか、同時代のポール・ゴーギャンアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックらの作品、ゴッホが傾倒していた日本の浮世絵、盛んに模写をしたジャン=フランソワ・ミレーなども展示されている。ゴッホとは直接関係のない特別展も積極的に開催している。
ゴッホ作品の真贋を鑑定するなど、ゴッホに関する世界的権威である。日本にある作品では、損保ジャパン東郷青児美術館所蔵の「ひまわり」やウッドワン美術館の「農婦」について真作である旨の鑑定をしている。ただし、ゴッホの個人美術館にとどまらず、19世紀を中心とした近代美術の展示・研究機関となっている。
ゴッホは、後の時代に盛んに研究や新たなる創作の源となっている。そのため、ゴッホに関する書籍が多く出版発表されており、それらの書籍を2万4000冊以上有する図書室が美術館に併設されており、来館者も閲覧をすることができる。
沿革
ファン・ゴッホ美術館は1973年、ゴッホ財団およびアムステルダム市の協力を得て、国立美術館として開館した。
美術館の基となったコレクションは、ファン・ゴッホの弟であり、経済的・精神的な後援者であったテオことテオドルス・ファン・ゴッホ(1857-1891)と妻ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲル(1862-1925)の所有だったものである。内訳は、ゴッホの油絵約200点、素描約500点、書簡約700点、それにファン・ゴッホとテオが収集した浮世絵約500点などである。
テオ夫妻の没後、コレクションは彼らの子のフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホ(1890-1978)に相続された。フィンセント(甥)は、伯父の作品をまとまった形で保存したいと希望した。そこで、オランダ政府、アムステルダム市などが資金を出し、1962年にファン・ゴッホ財団を設立した上、財団が作品を購入または寄付を受けた。現在の美術館は、財団がそのコレクションを国立の美術館に永久寄託する形で運営がなされている。
国立美術館と称されるが、「国立美術館自立法」に基づき国が出資した財団法人 (independent foundation) により運営されている。
建築
本館 – 常設展が行われている。ヘリット・リートフェルトの設計。直線を基本とした、前衛的な建築である。別館、近接するアムステルダム国立美術館と対照的な印象を与える。
別館 (The Exhibition Wing) – 特別展示、浮世絵の展示などが行われている。黒川紀章が設計し、1999年6月にオープンした。曲線が多用されており非対称の美を表している。この別館の建設資金として、日本の損保ジャパン国際交流基金を通じて寄付をしている。
本館・wikipedia-photo、ゴッホ美術館本館と別館・wikipedia-photo、ゴッホ美術館 (2018)・wikipedia-photo
主な収蔵作品(ゴッホ)
●畑で仕事をする農夫(1883年)
●フェルトの帽子をかぶった自画像(1887年)
●日本趣味(広重江戸百景』より)(1887年)
●キャンヴァスの前の自画像(1888年)
●種まく人(1888年)
●野菜畑(1888年)
黄色い家(1888年)
ファンゴッホの寝室(1888年)
●荒れ模様の空と畑(1890年)
カラスのいる麦畑(1890年)
『パイプをくわえた自画像』 (1886年)・wikipedia-photo、『ジャガイモを食べる人々』(1885)・wikipedia-photo・wikipedia-photo、『黄色い家』 (1888年)・wikipedia-photo、『自画像』 (1888年)・wikipedia-photo、『ひまわり』 (1889年)・wikipedia-photo、『花咲くアーモンドの木の枝』 (1890年)・wikipedia-photo、『ひまわりを描くファン・ゴッホ』 (1888年) ポール・ゴーギャン作・wikipedia-photo  (wikipedia・ゴッホ美術館より]

ゴッホ美術館ホームページ」 – 「ゴッホ美術館の館内マップ

ゴッホ美術館 チケット予約・見どころ作品 徹底解説【アムステルダム】

ゴッホ美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がゴッホ美術館本館です。この入り口は団体専用です。

カメラ北東方向左がゴッホ美術館本館で、右が別館です。

ゴッホ美術館エントランスホールのストリートビューです。

※2011年画像ですので「ゴッホ美術館の館内マップ」に置き換えていますが、展示位置は変更されていると思います。
1 – 1ルーム – 『グレーのフェルト帽子の自画像(Self-portrait with grey felt hat)』(1887年9月-1887年10月)

1 – 2ルーム – 『ジャガイモを食べる人々』(1885)

1 – 4ルーム – 『Garden with Courting Couples: Square Saint-Pierre』(1887年)の左が『1887年夏自画像』、右が『麦わら帽子を被った自画像、1887年夏』です。

1 – 6ルーム – 『ひまわり』 (1889年)[ファン・ゴッホが病院から「黄色い家」に戻って、東京作品を模写したものと考えられている。振動や気温・湿度の変化による損傷を避けるため、館外への貸し出しは禁ずる措置がとられている。]

1 – 8ルーム – 『花咲くアーモンドの木の枝』 (1890年)

2 – 6ルーム – 『ファンゴッホの寝室(第1バージョン』(1888年)

3 – 3ルーム – ケース内はポール・ゴーギャン作『ひまわりを描くファン・ゴッホ』 (1888年) 、その左二つ目が『黄色い家』 (1888年)です。