ダム宮殿(王宮)

マーカーはダム宮殿(王宮)です。

[Google アートプロジェクト] – 「ダム宮殿(王宮)

ダム宮殿(王宮・英語:Royal Palace of Amsterdam、オランダ語:Paleis op de Dam)
[アムステルダム旧市街のへそと言われるダム広場に建つ王宮は、1648年、市庁舎として建てられました。1808年ナポレオンの兄弟ルイ・ボナパルトの居城となった際に王宮となり、現在はオランダ王室の迎賓館として使われています。正面の風格ある彫刻は、当時の市政者たちの自信や誇りを表しています。  (オランダ政府観光局ホームページより)]

[王宮アムステルダム(ダム広場の宮殿として知られています)は、アムステルダムの中心部にあるダム広場の宮殿です。宮殿は、王室がレセプション宮殿として使用し、展示会に使用します。
建築家ヤコブ・ファン・カンペン(Jacob van Campen)によって設計された市庁舎として1648年から1665年の間に建設され、1655年7月29日に発足しました。この構造は、オランダ黄金時代の最も重要な歴史的および文化的記念碑と見なされています。
歴史
遺棄されたゴシック様式の市庁舎を置き換えるために、さまざまなデザインが提出されました。1648年のアムステルダムの平和はそのような幸福感をもたらし、最も野心的な計画が実行されました。これは後に黄金時代と呼ばれたものの最盛期にありました。市庁舎は、これまでヨーロッパでは見られなかった規模で建設されました。旧世界最大の非宗教的建造物になりました。したがって、この建物はリベラルなアムステルダムの重要なシンボルと見ることができます。「世界八番目の不思議」は、アムステルダムのロイヤルパレスになりました。建物はアムステルダムの豊かさと名声を反映していなければなりません。建設費は850万ギルダーで、当時は膨大な金額でした。
建物は元々、13,659個の木製の杭の上にありました。これは多くの学童が習っていた数です(「1年の日、1つ前、9つ後ろ」)。ベントハイム砂岩(もともとは非常に薄い色)でできていて、特に内部にはたくさんの大理石がありました。ファン・カンペンはローマ帝国の行政宮殿に触発されました。 アムステルダムの市長のために、新しいローマ帝国の領事だと思って新しい議会議事堂が建てられました。1648年10月28日に最初の石を敷いたときに当時の4人の市長のいとこが使用した銀製のこては、アムステルダム国立美術館に展示されています。
市庁舎の建築家はヤコブ・ファン・カンペンでしたが、技術的な建設は都市建築家のダニエル・シュタルパート(Daniël Stalpaert)が担当しました。ヴァン・カンペンは1654年に市議会と対立し、その後、シュタルパートは完全なリーダーシップを獲得しました。
彫刻はアルトゥス・ケリヌス(Artus Quellinus)と彼の協力者によって作られました。市庁舎は1655年7月29日に祝賀式に発足しましたが、まだ完成していませんでした。
石や大理石は、1659年にヴェロニカ・ヴァン・アールセン・ヴァン・ソンメルスダイク(Veronica van Aerssen van Sommelsdijck)の姉妹であるヴェロニカとと結婚したアレクサンダー・ブルース、キンカーディン伯爵(Alexander Bruce, 2nd Earl of Kincardine)によって供給された、スコットランド、ファイフシャー(ファイフ・Fife)のカルロス(Culross)の採石場からも供給されました。建物は1665年に完成し、18世紀初頭まで部屋のレイアウトに関する作業が行われました。
建物は1808年まで市役所のままでした。その後、宮殿としてルイ・ナポレオン王に提供されました。1810年、オランダがフランス帝国に編入されたとき、それは一時的に帝国の宮殿になりました。
1813年にフランス軍の撤退後、オランダ王ウィレム1世(初代オランダ国王・在位:1815年 – 1840年)は市庁舎としてアムステルダムに一時的に返還しました。 しかし、市議会は、建物の再配置と保守費用の予算化に消極的でしたが、国王を都市に縛り付けたいとも考えていました。 市議会は問題を続行し、1815年以来、ワーテルローの戦いウィーン会議の後、アムステルダムのダム広場の宮殿はオランダ王室の王宮となり、1936年以来、国有財産となっています。1844年には、4つの印象的な街灯がその前に置かれました。
建物は20世紀に何度か修復されました。 ギャラリーの区画に関する限り、ルイ・ナポレオンの改修は取り消され、元の状態に復元されました。 1960年の復旧以来、建物は限られた範囲で一般公開されています。
王宮アムステルダム広場側ファサード・wikipedia-photo、宮殿の屋根でヘモニー兄弟(Pieter en François Hemony)によって製造されたアトラースの像・wikipedia-photo、宮殿の前のダム広場に立つ記念碑的な宮殿の街灯の1つ・wikipedia-photo、宮殿の市民ホール・wikipedia-photo、市民ホールへの入り口・wikipedia-photo、ヨーロッパの地図と大理石の床の一部・wikipedia-photo、「宮殿内のサイドギャラリー。入り口の右側の半分。」・wikipedia-photo、市長の間・wikipedia-photo、「管理者の事務所であり、後の寝室」・wikipedia-photo、休息室・wikipedia-photo]

ダム宮殿(王宮)平面図(「Paleis op de Dam – KCV Damstede – Google Sites」より)

1-Commissarissen、2-Schepenzaal、3-Schepenkamer、4-Secretarie、5-Galerij、6-Binnenplaats、7-Burgerzaal、8-Desolate Boedelkamer、9-Assurantiekamer、10-Burgemeestersvertrek、11-Vierschaar、12-Pui、13-Vroedschapskamer

Koninklijk Paleis Amsterdam – Paleis Amsterdamホームページ

絵画作品 – アムステルダム国立美術館 – Crotos

王宮 – Google Map 画像リンク」「Royal Palace of Amsterdam – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がダム宮殿です。

カメラ位置はダム広場で、カメラ西方向がダム宮殿(王宮)です。

平面図 1-Commissarissen(市長室)

平面図 2-Schepenzaal(市会議員ホール) -カメラ位置はダム宮殿(王宮)市民ホールに接続する「審判の間」で、カメラ初期設定方向はユルゲン・オーヴェンス(Jürgen Ovens)作『Justice (or Prudence, Justice, and Peace)』(1662年)です。

平面図 2-Schepenzaal(市会議員ホール) -カメラ位置は「審判の間」でカメラ初期設定方向はフェルディナント・ボル作『Moses descends from Mount Siniai with the Ten Commandments』(1662年)です。

平面図 3-Schepenkamer(市会議員の部屋)

平面図 7-Burgerzaal -ダム宮殿(王宮)市民ホールのストリートビューで、カメラ東方向が市民ホールへの入り口です。大理石の床にはヨーロッパの地図、宇宙の地図、アメリカ大陸の地図が描かれています。

平面図 10 の左2室目 -カメラ位置は「管理者の事務所であり、後の寝室」で、カメラ初期設定方向はコルネリス・ブリス(Cornelis Brisé)作『Treasurers’ papers and documents」(1656年)です。

平面図 10-Burgemeestersvertrek -カメラ位置は「市長室」、または「旧評議会ホール」で、カメラ初期設定方向はホーファールト・フリンク(Govert Flinck)作『不朽の領事マーカス・デンタトゥス(The incorruptible Consul Marcus Curius Dentatus)』(1656年)、カメラ反転方向はフェルディナント・ボル作『Fabritius and Pyrrhus』(1656年)です。。

平面図 10 の右 –ヤン・リーフェンス作『Quintus Fabius Maximus』(1656年)

平面図 13 の左

平面図 13-Vroedschapskamer -ジェイコブ・デ・ウィット(Jacob de Wit)作『モーセは70人の長老を選出します(Moses Elects Seventy Elders)』(1737年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*