ド・ドリー・フレシェス

マーカーはド・ドリー・フレシェスです。

ド・ドリー・フレシェス(De Drie Fleschjes)
[新教会の裏側にある、英語なら“ザ・スリー・ボトル”という意味の、1650年創業のカフェ。店内にもずらりと年代物のタルが並んでいる。  (「ぐるなび海外版 – ド・ドリー・フレシェス De Drie Fleschjes」より)]

[オランダジンジュネバ」のテイスティング・バーをオランダ語でプルーフローカレンと呼びます。そうしたテイスティング・バーのひとつが有名な醸造所ボーツの21種類の酒類と5種類のジュネバがテイスティングできるデ・ドリー・フレシェス。店名は「3つの小さなボトル」の意で、Tip van BootzとGravenbitterがここのお勧め。またオランダの古くからあるお酒Half-om-Half Bitterkoekjesなどもあり、通好みのセレクション。ワインも美味しいと評判です。1650年から続く老舗の店内は砂で掃き清められた石の床や磨かれた木製カウンターなど雰囲気もばっちり。  (「レストラン:特別なレストラン」より)]

カメラ北方向がド・ドリー・フレシェスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*