ムントタワー

マーカーはムントタワーです。

ムントタワー
[1673年、フランス軍が攻めてきた時に市の貨幣鋳造所が一時的ここに置かれていたことにより、ムントトーレン(貨幣鋳造所の塔)の名前がつきました。多角形の塔は、中世の市門レヒュリールスポールトの一部でした。市門は1618年の大火災で焼失しましたが、塔だけは焼け残り、翌年H.デ・ケイセルがこれにとがった部分と水晶の玉のついた時計塔を付けたしました。カリヨン(組鐘)は、F.エモニが1699年に設計したもので、今も美しい音色を鳴り響いかせています。  (オランダ政府観光局ホームページより)]

[ムントタワー(Munttoren)は、オランダアムステルダムにある塔である。ムント塔とも呼ばれる。六差路のムント広場(Muntplein)の西に建っている。「ムント(Munt)」とは「貨幣、鋳貨する」の意味。1672年にフランスがアムステルダムを侵略した際、この塔を貨幣鋳造所として利用していた事からムントタワーと呼ばれる様になった。塔は特別な許可がないかぎり、基本的に登ることは出来ない。1階はショップになっている。17世紀までアムステルダムはシンゲル運河沿いに城壁が築かれ街を取り囲んでいた。17世紀になり街は発展し城壁が取り払われたがこの塔だけが残された。後にこの塔の上に時計台が取り付けられ現在の姿となった。基の塔自体は15世紀頃に建てられた物である。黒の文字盤に白文字の時計。カリヨン(組鐘)を持つ。
ムントタワー・wikipedia-photo、ムントタワーのカリヨン・wikipedia-photo  (wikipedia・ムントタワーより)]

ムント塔 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がムントタワーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*