ライシュ運河

マーカーはカメラ位置です。

ライシュ運河
[アムステルダムには、165の運河と1300程度の橋があるという.地図を見てみると、中央駅から扇状に運河が張り巡らされていることに気づく。アムステルダムは港町として発達し、17世紀には世界初のオランダ東インド会社の本拠地が置かれ、自由な貿易都市として繁栄していた。その運河には水上バス(キャナルバス)が走っている。いくつかのコースがあるが、だいたい1時間半程度でぐるりと一周して戻ってくることが出来る。途中には桟橋があって、好きなところで降りて観光することもできるので、美術館などの観光施設と組み合わせて利用すると良い。市内のトラム・バス・地下鉄、そしてこの水上バスに乗り放題の1日乗車券「オール・アムステルダム・トランスポート・パス(ALL AMSTERDAM TRANSPORT PASS)」が23ユーロで販売されている。購入は駅前の観光案内所でできる。このパスには、水上バスとトラム・地下鉄のチケットが別々に入っているので、それぞれ利用するときにチケットを見せることになる。水上バスに乗ると、また違った視点からアムステルダムの街を眺めることが出来る。  (「アムステルダム・街の風景2」より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*