レンブラントの家

マーカーはレンブラントの家です。

レンブラントの家
[アムステルダムで成功を収めたレンブラントが、1639年から、破産するまで住んでいた家。内部はレンブラントが住んでいた当時の様子が再現されている。また、レンブラントのエッチングやスケッチが展示されています。  (オランダ政府観光局ホームページより)]

[レンブラントの家(Museum Het Rembrandthuis、レンブラントハイス美術館)は、オランダのアムステルダムにある、画家レンブラント・ファン・レインが1639年から20年間住んでいた家を利用した博物館・美術館である。1606年に建てられた豪邸であったが、レンブラントは1639年に13,000ギルダーの大金で購入し、妻サスキア・ファン・オイレンブルフとともに引っ越した。彼は『夜警』の注文を受けるなど当時経済的に絶頂期にあったが、1642年にサスキアは世を去り、レンブラントは借金が重なって1656年に破産し、1658年には家は競売にかけられてしまった。1906年のレンブラント生誕300年記念を期にこの家は残されることとなり、1911年に博物館として開館した。内部はレンブラントが住んでいた当時のように再現してある。隣接の新館ではレンブラントのエッチングが200点以上とエッチングを刷る機械などが展示されている。
レンブラントの家・wikipedia-photo  (wikipedia・レンブラントの家より)]

レンブラントの家 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向・角から2軒目がレンブラントの家です。

レンブラントの家・キッチンのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*