北の教会

マーカーは北の教会です。

北の教会(Noorderkerk)
[北教会は、ヨルダーン地区に定住した労働者のためのカルヴァン派の礼拝場として建てられたました。アムステルダムでは最初のギリシア十字架形教会で、誰もがよく見聞きできるよう中央の説教檀を取り巻くように席が設けられています。建物正面には、ナチスによるユダヤ人強制移送に抗議するため1941年2月のストライキを記念する飾り板があります。毎年5月4日には多くの人がここに集まり、戦争の犠牲者となったユダヤ人の冥福を祈ります。入口の3人の人物が一体となった彫像には「団結は力なり」と記されています。1934年のヨルダーン地区暴動を記念したもので、この教会がかつて労働者階級のためにあったことを物語っています。1620年の着工後僅か、1年で設計者のH.デ・カイザーは死去。完成は1623年。教会前広場でマーケットが開かれます。  (オランダ政府観光局ホームページより)]

[北の教会(Noorderkerk)は、オランダ、アムステルダムにある17世紀に設立されたであるプロテスタントの教会です。
教会は、新しいヨルダン(Jordaan)地区の急速に増加する人口に対応するために、1620年から1623年に建設されました。ヨルダン地区にはすでに西の教会(Westerkerk)という教会がありましたが、市政府は、近隣の北部に奉仕するために2つ目の教会を建設することを決定しました。北の教会は庶民の教会となり、西の教会は主に中流階級と上流階級によって使用されました。建築家はヘンドリック・デ・ケイゼル(Hendrick de Keyser・1565-1621)で、彼はまた南の教会(Zuiderkerk)と西の教会などを設計しました。1621年にデ・ケイゼルが亡くなった後、息子のピーテル・デ・ケイゼル(Pieter de Keyser・1595-1676)が引き継ぎ、完成させました。
南の教会と西の教会はより伝統的なバシリカのデザインですが、北の教会はルネサンスとプロテスタントの理想を反映した対称的な十字形のレイアウトを持っています。デ・ケイゼルのユニークなデザインは、八角形の平面計画と、ギリシャ十字架のような形をした構造と、長さが等しい4本の腕木を組み合わせたものです。十字架の各隅には別館があり、十字架の中央には小さな塔があります。大きなトスカーナの柱が教会の内部を支配しています。
教会は1993年から1998年の期間に修復されました。この小さな塔は2003年から2004年に復元され、1849年にヘルマナス・ニプシェール(Hermanus Knipscheer)によって建てられたオルガンは2005年に復元されました。鐘楼は、1621年にJ. Meursによって建てられました。教会は今でもオランダ改革派教会の礼拝に使用されており、クラシック音楽コンサートにも定期的に使用されています。
北の教会は、土曜日のオーガニックファーマーズマーケットを含む通常のマーケットが開催される北の市場(Noordermarkt)広場のプリンセングラハト(Prinsengracht)運河沿いにあります。1941年、2月のストライキの主催者によって、広場で不正な公開会議が開催されました。 これは、教会の南面にある石膏板によって記念されています。
北の教会外観・wikipedia-photo、北の教会南西面・wikipedia-photo、南面・wikipedia-photo]

北教会 – Google Map 画像リンク」「ノールデルマルクト – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が北の教会です。

北の教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*