新教会

マーカーは新教会です。

新教会(Nieuwe Kerk, Amsterdam
[後期ゴシック建築の教会。初期の教会の様子は、1645年の火災で焼け残った聖歌隊席天井の装飾などに見られます。現ベアトリクス_(オランダ女王)など、歴代のオランダ国王の載冠が行われる場所として有名。通常は、入れ換わり様々な展示会やコンサートが開催されています、またショップもあります。  (オランダ政府観光局ホームページより)]

[新教会は、王宮の隣のダム広場にあるアムステルダムの15世紀の教会です。以前はオランダ改革派教会の教区でしたが、現在はオランダプロテスタント教会に属しています。
新教会は教会の礼拝には使用されなくなりましたが、展示スペースとして使用されています。また、オルガンのリサイタルにも使用されます。教会の入り口にある教会に併設された建物の1つにカフェがあります(営業時間中)。入り口内には博物館の店があり、教会とその展示に関係するはがき、本、ギフトを販売しています。
教会は、2013年のオランダ王ウィレム=アレクサンダー(在位:2013年4月30日 – )のオランダ王室叙任式(オランダ憲法の32条による)、および王室の結婚式、最近では2002年のウィレム=アレクサンダーとマクシマ・ソレギエタの結婚式に使用されています。オランダ女王ウィルヘルミナ(在位:1890年 – 1948年)、ユリアナ(在位:1948年 – 1980年)、ベアトリクス(在位:1980年 – 2013年)の叙任式もそこで行われました。
旧教会が町の人口の拡大に対して小さすぎた後、ユトレヒトの司教は新教区教会(新教会)の建設を許可しました。建設は1380年に始まり、1408年に終了しました。この新しい教会は1409年に聖マリアと聖キャサリンに奉献され、最初の礼拝は1410年に行われました。
教会は1421年と1452年の都市火災で損傷し、1645年にほぼ完全に焼失し、その後ゴシック様式で再建されました。 1578年に建物はオランダ改革派教会になりました。1892年から1914年に大規模な改修が行われ、ネオゴシック様式の細部が追加され、1959年から80年にかけて改修されました。2回目の改修は、オランダ改革派教会にとって高価であることが判明したため、維持費を節約するためにほとんどの時間教会を閉鎖せざるを得ませんでした。教会の開会を保つために、所有権は1979年にNationale Stichting De Nieuwe Kerkと呼ばれる新しく形成された文化財団に移されました。
新教会・wikipedia-photo、教会に接して構築された住宅・wikipedia-photo、西側の日時計・wikipedia-photo、古い入り口・wikipedia-photo、パイプオルガン・wikipedia-photo、聖歌隊ゲート・wikipedia-photo、説教壇・wikipedia-photo、説教壇サウンディングボードの詳細・wikipedia-photo、翼廊のオルガン・wikipedia-photo、ステンドグラス・wikipedia-photo、ステンドグラス・wikipedia-photo、「ミヒール・デ・ロイテルの棺」・wikipedia-photo、「ミヒール・デ・ロイテル慰霊碑の前でパネルの発表と討論」・wikipedia-photo、「Rombout Verhulstによるミヒール・デ・ロイテル記念碑(詳細)」・wikipedia-photo]

新教会 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が新教会の入り口です。

カメラ東北東方向が新教会の古い入り口です。

新教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*