ギマランイス城

マーカーはギマランイス城です。

ギマランイス城(Castelo de Guimarães)
[第3代ポルトゥカーレ伯ヘルメネギルド・ゴンサレス(Hermenegildo González)の寡婦として政務を引き継いでいた夫人ムマドナ・ディアス(Mumadona Dias)は、950年と951年に受けた天啓に従ってこの地に修道院を設立したが、ヴァイキングの襲撃から町と施設を護るべく、959年にギマランイス城を築いた。1109年にはポルトガルに栄光をもたらすアフォンソ・エンリケス(アフォンソ1世・ポルトガル王在位:1139年 – 1185年)がこの城で生まれている。28mの高さの塔を持つ。  (wikipedia・ギマランイスより)]

[ギマランイス城は、ポルトガルのブラガ県にあるギマランイス市にあります。
カンポ・デ・サン・マメデ(Campo de São Mamede)を見下ろす支配的な地位にあるこの記念碑は、ポルトゥカーレ伯領の設立とポルトガルの独立闘争(ポルトガル王国)に関連しており、一般に国籍のゆりかご(Berço da nacionalidade)として指定されています。
2007年に国定記念物に分類され、ポルトガルの七不思議の1つとして非公式に選出されました。
イベリア半島レコンキスタの過程で、9世紀の終わりに、ギマランイスの領土は、そこに設立されるようになったディオゴ・フェルナンデス(Diogo Fernandes)と呼ばれるカスティーリャ王国の騎士に与えられました。
ムマドナ・ディアス(? – 968年)という名の彼の娘の一人は、強力なエルメネジルド・ゴンサルベス(Hermenegildo Gonçalves)伯爵と結婚し、10世紀半ばから11世紀の第3四半期、ポルトガルの領土を支配しました。 ムマドナは928年ごろに未亡人となり、広大な領域を所有し、950年7月に6人の子供に分領されれました。この時、彼女は天啓に従って、ヴィマラネス(Vimaranes)の村に修道院を設立し、後に修道院に、土地、牛、レース、崇拝物、宗教書の大規模な寄付を行いました(959年1月26日 )。
当時、ヴィマラネスの村は2つの区域に分割されていました。1つはいわゆるモンテ・ラルゴ(Monte Largo)の最上部にあり、もう1つは修道院が設立されたこの標高のふもとにあります。
当時、コインブラの南の境界からのイスラム教徒の軍隊の侵入の可能性に加えて、当時の海岸と航行可能なコースを悩ませていた、高速で機敏な船での北海からのノルマン人の侵略に対して脆弱でした。
ヴィマラネスの村の防衛を目指して、恩人は、必要に応じて人々が集まるための城の建設を、モンテ・ラルゴの頂上で始めました。歴史的には、この決定を含む、958年12月に作成されたこの城の宗教への寄付の手紙の抜粋がよく知られています。ムマドナ・ディアスの呼びかけで建てられた建物は非常に単純で、おそらくフェンスで囲まれた塔で構成されていたと考えられています。
1世紀以上前、ギマランイスの町は、レオン王国の王(在位:1065年 – 1109年)とカスティーリャ王国の王(在位:1072年 – 1109年)であるアルフォンソ6世によってD.エンリケ・ド・ブルゴーニュ(D. Henrique de Borgonha)に寄贈された領土の1つであり、ポルトゥカーレ伯領を形成しました。エンリケ・デ・ボルゴーニャ伯爵(在位:1093年 – 1112年)と彼の妻であるテレサ・デ・レオンは、この町とその城を住居として選択しました。このように、ムマドナ時代の原始的な構造は破壊され、その場所に砦の堂々とした構造が建てられました。防御的な境界線は広がり、補強され、入口門は村の西のメインゲートと、東のゲートの二箇所となりました。
このフェンスの壁内では、1127年にカスティーリャ王およびレオン王アルフォンソ7世(在位:1126年 – 1157年)の軍隊の包囲
されアフォンソ・エンリケス(後の初代ポルトガル王・在位:1139年 – 1185年)は抵抗したが降伏し、アルフォンソ7世に臣従を誓っています。
その、アフォンソが1128年、歴史の表舞台に初めて現れるます。アフォンソはガリシア貴族と結託する母テレサ・デ・レオンに不満を抱くポルトガル貴族から支持を集め、同年6月24日にギマランイス近郊のサン・マメデの戦い(Battle of São Mamede)で母とフェルナン・ロペスらガリシア派を破り、彼らをガリシアに追放しました。以降、アフォンソはポルトガルの独立、教会自治権の獲得、イスラム教徒からの国土回復運動(レコンキスタ)を目標に定めて活動します。
13世紀半ば、ポルトガル王アフォンソ3世(在位:1248年 – 1279年)の統治下で、村のフェンスの決定的なレイアウトが始まり、カステロの村(上部)をサンタマリアの村(下部)に統合しました。これらの建設は、ポルトガル王ディニス1世(在位:1279年 – 1325年)の統治下で、1322年以前に完成しました。
15世紀から、大砲の進歩に直面して、ギマランイス城は防衛機能を失い、16世紀に市営刑務所を収容し始め、17世紀には王の干し草の山が廃墟を際立たせました。
1908年8月27日と1910年8月27日に公表された法令により国定記念物に分類され、1937年から国家建築記念物総局は大規模な改修を開始しました。現在、よく管理されており、公開されています。
ギマランイス城・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo、砦へのアクセス・wikipedia-photo、砦・wikipedia-photo、天守閣・wikipedia-photo、アフォンソ1世像・wikipedia-photo]

Guimarães Castle – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がギマランイス城です。

ギマランイス城城壁下のカメラです。

ギマランイス城内のストリートビューです。

ギマランイス城の城門内のストリートビューです。

ギマランイス城城壁歩廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*