サン・ミゲル教会

マーカーはサン・ミゲル教会です。

サン・ミゲル教会(Church of São Miguel do Castelo)
[サン・ミゲル教会は、ポルトガルブラガ県北部にあるギマランイス市のオリヴェイラ・ド・カステロ (Oliveira do Castelo)にある中世の教会です。教会はポルトガル王国の基礎に象徴的にリンクされています。 伝説によると、それは若いアフォンソ・エンリケスの洗礼の場所でした。しかし、教会の設立日はポルトガル王アフォンソ2世(在位:1211年 – 1223年)の治世中にあることが示唆されているため、これらの主張は矛盾しています。
歴史
サン・ミゲル教会は密接に関係を共有しているギマランエス城の城壁内に建設されました。少数の研究者は、それがアフォンソ・エンリケスが洗礼を受けた教会であり、9世紀または10世紀のムマドナ・ディアス(Mumadona Dias)伯爵夫人の時代にその可能性のある建造物にまで遡るとしています。ロマンチックな修正主義をイデオロギー的に支持したこのナショナリストの組織学の流れは、19世紀にさかのぼり、今日まで続いています(サイトに建てられた石膏版から明らかなように)。
しかし、この解釈は、13世紀に起源があるとされる初期の教会の奉献と最初の言及の日付と矛盾しています。教会は、1216年にギマランイスのカノン大学の文書で最初に記録されました。教会建設派の聖職者のグループとブラガ大聖堂の大司教が口論していた最中に、その建設は起こりました。そして、それは後に武装した対立に至りました。教会の建設はギマランイスの教会の必要性によって正当化されたが、その決定について当時の大司教は拒否しました。後に1239年に発生したブラガ大司教によって奉献され、1258年にサンタ・マリア・デ・ノッサ・セニョーラ・ダ・オリベイラ(Santa Maria de Nossa Senhora da Oliveira)の参政権と呼ばれました。
後の改造に関する碑文は1664年に発表されました。
1870年までに、この教会は建物のかなりの劣化と破壊のために、偏狭な教会になってしまいました。
ギマランイス市のマーティンズ・サルメント・ソサエティ(Martins Sarmento Society・マルティンス・サルメント考古学博物館)は、何世紀にもわたって教会が蓄積してきた本質的な特性を復元し、維持することを進めました。1874年から1880年の間に、原始的なクロスアーチの再配置を含む、建物を修復するための公共事業が行われました。完成すると、教会は再び奉仕のために一般に開放されました。
礼拝堂周辺のエリアは、1957年にランドスケープアーティストのヴィアナ・バレット(Viana Barreto)によって復元されました。
建物および国定記念物総局(ポルトガル語:DirecçãoGeral dosEdifíciose Monumentos Nacionais)は、教会の元の中世の特徴を復元するために、南側の正面なあった聖具室の本体を取り壊しました。その後、1936年にファサードにあった尖塔が解体され、破風の再建と修理が行われました。
同様の改修と再建が1939年に行われ(新しい屋根とドア)、1963年に6箱の金網で礼拝堂の亀裂が補強されました。
教会のファサード・wikipedia-photo、「正面玄関には、アーチ型の柱廊玄関、スリット窓(長いまっすぐの切り目の窓)、クロス・フルール(Cross fleury)が含まれています」・wikipedia-photo、教会の北のファサードにある華やかなアルコソリウム(Arcosolium)・wikipedia-photo、ギマランイス城から見る教会・wikipedia-photo、「教会のファサードを中世の外観に戻した、再建前のサンミゲルドカステロ教会の珍しい画像」・wikipedia-photo]

サン・ミゲル教会 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がサン・ミゲル教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*