ノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会

マーカーはノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会です。

ノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会(Igreja de Nossa Senhora da Oliveira)
[ロマネスク建築ゴシック建築が融合した教会であり、教会前のアーチは1340年に起こったレコンキスタ戦争であるサラードの戦い(Battle of Río Salado)の戦勝を記念して1342年にロマネスク様式で建てられた。外部構造物は14世紀から15世紀にかけての間にゴシック様式で改築されたが、聖堂内部は初期の様式を留めている。  (wikipedia・ギマランイスより)]

[ノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会は、ポルトガルブラガ県のギマランイス歴史地区にある教会です。 北部のゴシック建築の最も重要な例の1つです。
この場所の占有は、949年にムマドナ・ディアス(Mumadona Dias)によって設立されたロマネスク以前の修道院から始まりました。この修道院を保護するために、現在のギマランイス城に先行する要塞が建設されました。
12世紀の初めに、この修道院は中世初期の国で最も重要で最も豊かな宗教機関の1つであるサンタ・マリア・デ・ギマランイス大学教会(Colegiada de Santa Maria de Guimarães)に引き継がれました。
元のロマネスク様式の構造からは、材料の断片がほとんど残っておらず、歴史資料を理解するには不十分な状況です。12世紀の回廊の断片は保存されていますが、いくつかの柱頭が見えるマヌエル時代と章室の正面でかなり変更されています。 12世紀後半から教会のメインポータルにあるロマネスク様式の柱頭は、典型的なベネディクト会の図像を明らかにし、善と悪の対立を暗示しています。
14世紀に、聖母マリア像の崇拝により、大学教会は巡礼の重要な中心地となりました。これは、アルジュバロータの戦いの前夜にポルトガル王ジョアン1世(在位:1385年 – 1433年)が献身の対象としたものです。1387年、サンタマリアへの誓いを果たすために、ジョアン1世自身が建物の改造に資金を提供しました。ほぼすべての改修は1401年に終了し、1413年には完全に完成しました。
1910年以来、国指定歴史的建造物として分類されています。
ノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会のメインポータル・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo]

パドラオン・ド・サラド (Padrão do Salado)
[ノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会前にはパドラオン・ド・サラドがあります。これは、1340年の、サラードの戦い(Battle of Río Salado)での勝利を祝うためにポルトガル国王アフォンソ4世(在位:1325年 – 1357年)によって14世紀に建てられました。
1910年以来、国指定歴史的建造物として分類されています。
「パドラオン・ド・サラド」・wikipedia-photo]

[ノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会 – Google Map 画像リンク」「Padrão do Salado – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会で、教会前にパドラオン・ド・サラドがあります。

サンティアゴ広場・ノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会前のカメラです。

身廊のカメラです。

祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*