ブラガンサ公爵館

マーカーはブラガンサ公爵館です。

ブラガンサ公爵館(Paço dos Duques de Bragança)
[ブラガンサ公爵宮殿(通常、デュークス宮殿とし知られています)は、15世紀にブラガンサ家の初代公爵であるブラガンサ公アフォンソ1世(初代ブラガンサ公・1442年 – 1461年、第8代バルセロス伯・1401年 – 1461年:ポルトガル王ジョアン1世(在位:1385年 – 1433年)とイネス・ピレス・エステヴェス(Inés Pires)庶子)によって建てられました。
15世紀には実際に入居していましたが、16世紀から20世紀まで悪化した政治的および経済的要因に動機付けられた、漸減的な放棄とその結果として廃墟になりました。
1937年から1959年にかけて、建築家ロジェリオ・デ・アゼベド(Rogério de Azevedo)のプロジェクトに基づいて、大規模で複雑な再建介入が実施されました。
デュークス宮殿は現在、北部文化地域局に依存するサービスであり、博物館の一部(1階)、大統領府の翼(メインファサード、2階)、およびさまざまな文化的イニシアチブに専念する施設です( 1階)。
歴史
15世紀にブラガンサ家の初代公爵のアフォンソ1世によって建てられました。この宮殿のブルゴーニュ様式は、ヨーロッパ各地を旅行中に獲得した嗜好を反映していますが、現在の外観は、エスタド・ノヴォ(第二共和政)の時代に物議を醸すような再現となりました。
ブラガンサ公爵がヴィラヴィソーザ公爵宮殿(Paço Ducal de Vila Viçosa)に移動したとき、建物は空き家になり、その間に建物は略奪され、徐々に元の形を失い、放置されるようになりました。
1933年、アントニオ・サラザールの政府の下で、物議を醸す修復キャンペーンの後、行政評議会議長の公邸になりました。
ブラガンザ公爵の宮殿・wikipedia-photo、中庭・wikipedia-photo、1861年の彫刻の廃墟の宮殿・wikipedia-photo、メインファサード・wikipedia-photo、アーケード・wikipedia-photo、イベント装飾された中庭・wikipedia-photo、ノーブルホール(Salão Nobre)・wikipedia-photo、ノーブルホールの天井・wikipedia-photo、聖ミカエルホール・wikipedia-photo、パストラナのタペストリー(Tapeçarias de Pastrana)の一つのレプリカ・wikipedia-photo、武器室・wikipedia-photo、礼拝堂・wikipedia-photoギマランイス城から見た宮殿・wikipedia-photo]

Palace of the Dukes of Braganza – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がブラガンサ公爵館です。

ブラガンサ公爵館のストリートビューです。

ブラガンサ公爵館中庭のストリートビューです。

ブラガンサ公爵館二階歩廊・礼拝堂前のストリートビューです。

貴族の間のストリートビューです。

宴会の間のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*