マルティンス・サルメント考古学博物館(元サント・ドミンゴ修道院)

マーカーはマルティンス・サルメント考古学博物館(元サント・ドミンゴ修道院)です。

マルティンス・サルメント考古学博物館 (Museu Arqueológico Martins Sarmento)
[中世時代にはポルトに連なる路であったドン・ジョアン1世通り (Rua D. João I)には、木製の手すりと17世紀のファサードを持つ旧家が並んでいます。。現在パイオ・ガルヴァン通り (Rua de Paio Galvão)にあるサント・ドミンゴ修道院 (Igreja do Convento de S. Domingos)の周辺には、修道院の回廊に続くネオロマネスクのマルティンス・サルメント考古学博物館 (Museu Arqueológico Martins Sarmento)があります。すぐ先にある、現在ホセ・デ・ギマラインス国際アートセンター (Centro de Artes Internacional José de Guimarães)を収容している建物は、昔は市場の建物として使われていました。この美術館ではこの町で生まれた有名なアーティストの作品を回顧しています。  (「ギマラインス (Guimarães) – Visit Portugal」より)]

[マルティンス・サルメント考古学博物館は、1881年にフランシスコ・マルティンス・サルメント(Francisco Martins Sarmento)に敬意を表して設立された、ギマランイス市の文化機関です。シタニアデ・ブリテイロス(Citâniade Briteiros)とカストロ・デ・サブロソ(Castro de Sabroso)の考古学ステーションおよびその他の考古学的建造物の研究、保護、技術的および科学的監督に専念しています。図書館と図書館の2つの博物館があります。 1884年以来、科学的性質の定期刊行物であるギマランイシュ誌を発行しています。マーティンズ・サルメント・ソサエティ(Martins Sarmento Society)は、1881年11月20日に設立されました。2007年2月、マーティンズサルメント財団(Martins Sarmento Foundation)は、文化省(Ministério da Cultura)、ギマランイス市議会、ミンホ大学(Universidade do Minho)、マーティンズ・サルメント・ソサエティの間の議定書で設立されました。
マーティンズ・サルメント・ソサエティの本部建物は、現在廃止になっているサンドミンゴス修道院のゴシック様式の回廊と庭園がある、1900年初頭にポルトガルの建築家マルケス・ダ・シルバ(Marques da Silva)によって設計され、1967年に完成した建物です。メインファサードのフレスコ画は 画家のアベル・カルドーソ(Abel Cardoso)によって執筆されました。
マルティンス・サルメント考古学博物館は、マーティンズ・サルメント・ソサエティ本部の建物の回廊を占めています。 1885年にシタニア・デ・ブリテイロス(Citânia de Briteiros)とカストロ・デ・サブロソ(Castro de Sabroso)で行われた展望のコレクションとともに設立された、ポルトガルで最も古い考古学博物館の1つです。 民族誌、カストレージャ文化の断片、貨幣学、現代美術作品の豊富なコレクションがあります。
1967年、建築家マルケスダシルバによって設計された本部ビル・wikipedia-photo、ノーブルルームのバルコニー・wikipedia-photo、「旧S.ドミンゴス修道院の回廊、マルティンス・サルメント考古学博物館」・wikipedia-photo、「旧S.ドミンゴス修道院の回廊、マルティンス・サルメント考古学博物館」・wikipedia-photo、スーザ・ロペス(Sousa Lopes)作『魂の誤り、レドとブラインド(Engano de alma, ledo e cego)』・wikipedia-photo]

Museum Martins Sarmento – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がマルティンス・サルメント考古学博物館(元サント・ドミンゴ修道院)です。

カメラ南東方向がマルティンス・サルメント考古学博物館(元サント・ドミンゴ修道院)展示回廊です。

マルティンス・サルメント考古学博物館(元サント・ドミンゴ修道院)展示回廊のカメラです。

マルティンス・サルメント考古学博物館(元サント・ドミンゴ修道院)中庭回廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*