ヴィラ・フロール館と文化センター

マーカーはヴィラ・フロール館と文化センターです。

ヴィラ・フロール館と文化センター(Centro Cultural Vila Flor)
[貴族が長い年月をかけて建設した邸宅、たとえば、モタ・プレゴ邸 (Mota Prego) 、ヴィラ・フロール館 (Vila Flor)、トウラル館 (Toural) 、その他多くの館がギマラインスならではの雰囲気を作り上げている場所にいると、一瞬中世に引き戻されたような感覚になります。
町の中心部から少し離れた、ヴィラ・フロール館と文化センター (Palácio e Centro Cultural Vila Flor)にある夏の別荘の階段状の庭、ロカイユ装飾は、ブラジル広場 (Largo da República do Brasil)の端にあるバロック様式のノッサ・セニョーラ・ダ・コンソラサォン・エ・ドス・サントス・パソス (Nossa Senhora da Consolação
e dos Santos Passos) 教会と同様、訪れる価値が充分あります。  (「ギマラインス (Guimarães) – Visit Portugal」より)]

[ヴィラ・フロール館と文化センターは、ギマランイスのアヴェニダ・D.アフォンソ・エンリケス(Avenida D. Afonso Henriques,)にある、ギマランイスの主要な文化施設です。2005年9月に完成したこの建物は、ピタゴラス事務所(Gabinete Pitágoras)の作品であるヴィラ・フロール宮殿とその周辺のスペースの修復から生まれました。
ヴィラ・フロール宮殿は18世紀にタデウルイスアントニオロペス・ダ・フォンセカ・ダ・カルヴァリョ(TadeuLuísAntónioLopes de Carvalho de Fonseca)とカメエス(Camões)によって建てられました。後にヨルダン(Jordão)家が所有し、タデウ・ルイス(Tadeu Luís)によって改修されました。この建物はギマラインス市の歴史の中で注目すべき建物です。1853年、ポルトガル女王マリア2世(在位:1826年 – 1853年)の法令、同年6月23日の布告により、当時の町であるギマランイスを市に引き上げました。1884年には、ギマランイスの第1回産業商業展示会が開催されました。1976年にギマランイス市に買収され、ミンホ大学(Universidade do Minho)のギマランイスポール、音楽アカデミー、演劇ワークショップ、専門的なトレーニングクラスの開催場所として使用されました。
ヴィラ・フロール宮殿のツゲの木の庭園(Jardins de buxo do Palácio Vila Flor)は、ギマランイスの街と、ブラガンサ公爵館ギマランイス城などのモニュメントの特権的な景色を眺めることができ、街の記念祭、1750年のポルトガル王ジョゼ1世(在位:1750年 – 1777年)のポルトガル王就任の記念式典などの重要なイベントの会場でした。ギマランイス市議会による宮殿の購入後、庭園の一部は市営庭園として機能しています。
ヴィラ・フロール館と文化センター・wikipedia-photo、ヴィラ・フロール館の正面玄関・wikipedia-photo、ヴィラ・フロール宮殿のツゲの木の庭園・wikipedia-photo]

Centro Cultural Vila Flor (CCVF) – Google Map 画像リンク」「パラーシオ・ヴィーラ・フロール庭園 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がヴィラ・フロール館と文化センター正面で、建物北側にロココ装飾の階段状の庭があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*