グラスゴー・グリーン

マーカーはグラスゴー・グリーンのセンターサークルです。

グラスゴー・グリーン(Glasgow Green)
[英国スコットランド西岸の都市グラスゴーの市街東部に広がる公園。クライド川の北岸に位置する。15世紀にはすでに共有地として利用され、同市最古の公園として知られる。ネルソン提督の記念碑や、ジェームズ=ワットが蒸気機関の着想を得たことを記念する石碑のほか、グラスゴーの歴史を紹介する博物館ザ・ピープルズ・パレス&ウィンター・ガーデンがある。  (「グラスゴーグリーンとは – コトバンク」より)]

[グラスゴー・グリーン(Glasgow Green)は市中心部よりもっとも近い公園で、かつグラスゴーで最も古い公園です。園内にはピープルズ・パレス(People’s Palace)いうグラスゴーの歴史を紹介するための博物館が。ピープルズ・パレスにはなぜか熱帯植物園(グラスハウス)が併設されており、中にはカフェもあります。「Winter Garden」というらしく、寒い冬でも外でコーヒーを飲む風情を楽しめると言う意味なんでしょうかね。
でもって、このグラスゴー・グリーンは、しばしば大規模なイベント・スペースと化します。例えば、9月には「BBC PROMS」の会場になったり(amelielliotさんが紹介されてます)。さらに、来週の土曜日には、「Guy Fowkes Day」(ガイ・フォークス・ナイト)の花火大会が行われます。「Guy Fowkes Day」とは、ガイ・フォークス(Guy Fowkes)による「Gunpowder Plot(火薬陰謀事件=議会を爆破し王と議員の殺害をたくらんだとされる・未遂)」の実行予定日で、毎年11月5日。未遂で済んだことを祝う意味で、この日には花火を打ちあげるのが習慣となってます。また、この事件が起きたのが1605年なので今年は400周年なんだそうです。中でも、圧巻だったイベントが8月の「世界バグパイプバンド選手権」。世界各国より200組以上が参加して行われたバグパイプとキルトの祭典(こちらもamelielliotさんによる記事が)。  (「East Enders (後篇):Dinnae Push, Shoogle!:So-netブログ」より)]

McLennan Arch – Google Map 画像リンク」「グラスゴー 2014 モニュメント – Google Map 画像リンク」「Nelson’s Monument – Google Map 画像リンク」「グラスゴー・グリーン – Google Map 画像リンク」「ジェームズ・ワット像 – Google Map 画像リンク」「St Andrew’s Suspension Bridge – Google Map 画像リンク」「McLennan Arch – Google Map 画像リンク」

カメラ南東方向がグラスゴー・グリーンです。(Google Maps)

McLennan Arch内のストリートビューです。

ネルソン提督の記念碑前のカメラです。

カメラ西北西は公園内センターサークルで、公園施設の方向が示されています、その先にネルソン提督の記念碑で、カメラ北北東方向がザ・ピープルズ・パレス&ウィンター・ガーデンです。

カメラ南南西方向がSt Andrew’s Suspension Bridgeです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*