バロニー・ホール(Barony Hall)

マーカーはバロニー・ホール(Barony Hall)です。

バロニー・ホール(Barony Hall)
[レストランではなく、ストラスクライド大学が誇る(?)教会みたいな建物の名前。ホールにはパイプオルガンもあり、ホールの奥は、簡単なパブもあって、かなり豪華。シンポジウムに参加初日、そのバロニーというところで晩餐会。料理もまずまずで会話も盛り上がり楽しめました。最後に、コモンウェルスゲームのオーガナイザーの人がスピーチした。学長も参加の晩餐会だったので、大学としてかなり気合を入れていたもよう。ちなみに、そのバロニーは、普段アクセスするのは、試験監督としてだったりするので、その大きなギャップが興味深かった。  (「LIFEcology: 最近の外食まとめ」より)]

[バロニー教会としても知られるバロニーホールは、スコットランドグラスゴーのキャッスル・ストリート(Castle Street)にある赤い砂岩のビクトリア朝ゴシック教会で、グラスゴー大聖堂とグラスゴー王立診療所(Glasgow Royal Infirmary)の近くにあります。グラスゴー大聖堂とグラスゴーの歴史的なハイ・ストリート(High Street)の近くにある最古の家であるプロバンド領主館とともに、バロニー・ホールは、都市の遺産であり、ゴシック建築の好例としての地位を確立しています。旧バロニー教会は、建築家のジェームズ・アダムス(James Adams)によってグラスゴーのバロニー教区の一部として建てられました。1799年にオープンし、儀式やその他の会衆の目的に奉仕しました。旧バロニー教会の改築はJJバーネットとJAキャンベル(J.J. Burnet & J.A. Campbell)によって設計され、1889年に建てられ、旧バロニー教会や他の多くの建築遺物が組み込まれました。ニューバロニー教会は1986年にストラスクライド大学に買収され、1989年までに復元され、現在はセレモニーホールとして、またバロニーホールとして知られ、大学行事の目的に使用されています。
バロニー教会は1595年以前から1985年まで約400年間存在していました。その間、教会はスコットランド教会の最高の教区の一つになりました。バロニー教区はグラスゴー男爵領(Barons in Scotland)からその名前を受け取りました。
ニューバロニー教会は100年以上使用され、最後の礼拝は1985年10月6日に行われました。
バロニーホール外観・wikipedia-photo、キャッスルストリートから見たバロニーホールの西向きの景色・wikipedia-photo、元の碑文の柱:「バロニー教区教会。神の栄光と彼の礼拝に捧げられた。1889年4月27日。」・wikipedia-photo、ストラスクライド大学が使用しているホールの内部・wikipedia-photo]

Barony Hall – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がストラスクライド大学付属のバロニー・ホール(Barony Hall)です。ゲート左に碑文があります。

バロニー・ホール(Barony Hall)東側のカメラです。

エントランスホールのカメラです。

バロニー・ホール(Barony Hall)のホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*