グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン

[グラナダナスル朝(1232年 – 1492年)の首都であった。ナスル朝はイベリア半島で最後まで残存したイスラーム勢力である。レコンキスタ(718年 – 1492年)でイスラーム勢力が衰えていく中でマリーン朝(1196年 – 1465年)がイベリア半島から撤退し、これによりイスラーム教徒がグラナダに流れ込んだ。その中にはイスラームの高度な技術を持った職人もいた。当時のナスル王、ムハンマド5世(在位・1354年 – 1359年、1362年 – 1391年)がこれらの技術者を保護したことによりグラナダに世界を代表する高度なイスラーム文化が花開くことになった。
19世紀には外交官、ワシントン・アーヴィングの紀行文によって世界に広く紹介された。

●アルハンブラ宮殿 – アルハンブラ宮殿(Palacio de la Alhambra)はグラナダのイスラーム建築の最高傑作とされる。その美しさから「イスラーム建築の華」とよばれることもある。特に「二姉妹の間」の天井の鍾乳石はその緻密さから、「蜂の巣」と呼ばれ世界最高の建築とたたえられることもある。      
●ヘネラリフェ – ヘネラリーフェ(El Generalife)は王族のための夏用の離宮である。イスラームの天国をイメージしたとされる庭園があり、詩人に好んで歌い上げられた。
●アルバイシン – アルバイシン(El Albayzín)はグラナダ市内でもっとも古い地区とされる。元々はイスラーム教徒のための居住区である。白壁を特徴とし、その景観を壊す開発が禁じられている。

アルハンブラ宮殿・wikipedia-photowikipedia-photo、アルハンブラ宮殿のパルタル庭園・wikipedia-photo、アルハンブラ宮殿のライオンの中庭・wikipedia-photo、「アルハンブラ宮殿、ナスル朝宮殿」・wikipedia-photowikipedia-photo、「アルハンブラ宮殿、ナスル朝宮殿、メスアール宮」・wikipedia-photo、アルハンブラ宮殿・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo、「アルハンブラ宮殿、カルロス5世宮殿」・wikipedia-photo、ヘネラリフェ・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo、アルバイシン・wikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシンより)]

グラナダのページへリンク

下地図右のリストをクリックすると、上の地図にその場所がズーム表示、下地図に情報ウインドウが表示され情報ウインドウ内のリンクをクリックするとマーカーポイントのページが表示されます。また、「初期設定」ボタンをクリックすると初期画面に戻ります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *