コインブラ旧大学

マーカーはコインブラ旧大学です。

コインブラ旧大学
[1537年、ジョアン3世(在位:1521年 – 1557年)の時代に、大学はみたびコインブラに戻され、それ以降は他の都市に移転することは無かった。移転の背景としては、影響力を強めていた大学を首都から隔離する意図があったとされる。大学はコインブラのアルカソヴァ宮殿に置かれ、教員や全蔵書を含む大学に関する全てがリスボンから移ってきた。
アルカソヴァ宮殿の前身は10世紀のムーア人要塞で、コインブラに首都が置かれていたときには王宮として使われていた建物である。
内部にはかつてラテン語しか使えなかったことからその名が付いた「ラテン回廊」(Via Latina) があり、「帽子の間(Sala dos Capelos)」に続く。帽子の間はかつて宮廷の広間だった場所で、総長就任式や学位授与式といった大学の式典が行われてきた場所である。
旧大学・wikipedia-photo、帽子の間・wikipedia-photo  (wikipedia・コインブラ大学-アルタとソフィアより)]

Via Latina – Google Map 画像リンク」「Paço Real – Google Map 画像リンク」「Torre da Universidade de Coimbra – Google Map 画像リンク」「Paço das Escolas – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がコインブラ旧大学です。

コインブラ旧大学校舎前回廊のストリートビューです。

コインブラ旧大学校舎内のストリートビューです。

コインブラ旧大学講堂のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*