マシャド・デ・カストロ国立博物館

マーカーはマシャド・デ・カストロ国立博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「マシャド・デ・カストロ国立博物館」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

マシャド・デ・カストロ国立博物館(Museu Nacional de Machado de Castro)
[マシャド・デ・カストロ国立博物館は、ポルトガル美術の最も重要な美術館の一つです。博物館は、18世紀のポルトガルにおける最高の彫刻家ジョアキン・マチャド・デ・カストロにちなんで命名されました。博物館は、2012年にオープンした大規模な新しい建物とコインブラの聖公会宮殿の旧施設からなります。
マシャド・デ・カストロ国立博物館の設立は1911年に決定され、一般公開は、1913年10月11日に行われました。
2006年に博物館は新しい建物の建設を含め大規模な改装工事が行われ、2012年にリニューアルオープンしました。
「中世の門とフェンス。博物館の入り口」・wikipedia-photo、正面玄関・wikipedia-photo、前者の聖公会宮殿の建物・wikipedia-photo、前者の聖公会宮殿の建物・wikipedia-photo、博物館へのアクセス・wikipedia-photo、「マシャド・デ・カストロ国立博物館内のレストランのテラス」・wikipedia-photo、「博物館の内部。アルメディナの聖ヨハネのロマネスク様式の教会の回廊のアーチ」・wikipedia-photo、博物館の0階(16世紀礼拝堂の彫刻。)・wikipedia-photo、博物館の0階(彫刻)・wikipedia-photo、「Mestre Pero作・中世の騎士、14世紀。」・wikipedia-photo、古代ローマの抜け道・wikipedia-photo、古代ローマの抜け道・wikipedia-photo]

National Museum Machado de Castro – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がマシャド・デ・カストロ国立博物館です。

マシャド・デ・カストロ国立博物館中庭のストリートビューで、カメラ北方向が2012年にオープンした大規模な新しい建物になります。

ホダート、最後の晩餐、c。1530-34(wikipedia-photo)

ギル・イーンズ、S。ミゲル、c。1430-1440(wikipedia-photo)

カメラ東北東方向が、不明な著者、ブラックキリスト、19世紀。XIV、木材、284.5 x 140 x 61 cm(wikipedia-photo)、(詳細)(wikipedia-photo)
カメラ北方向が、不明な著者、墓のキリストの死、19世紀。XIV-XV、石、64 x 151 x 65 cm(wikipedia-photo)

フィゲイレドのクリストファー、聖十字架のあるヘラクリウス皇帝、1522〜1530年(サンタ・クルス・デ・コインブラ修道院のポリプティク)(wikipedia-photo)

ガルシア・フェルナンデス、聖母へのキリストの出現の三連祭壇画、1531、98.5 x 123.5 cm(wikipedia-photo)

カメラ初期設定方向左、ベルナルド・マヌエル、キリストの嘆き、1570年から1580年、178 x 160 cm(wikipedia-photo)

サルダルの巨匠、聖母被昇天、19世紀。16日(初期)、168 x 135 cm(wikipedia-photo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*