サラゴサの世界遺産

[世界遺産「アラゴンのムデハル様式の建築物」には、サラゴサの3つの建築物が含まれている。
●アルハフェリア宮殿のムデハル様式の遺跡) – タイファ時代にイスラム君主によって建てられた城で、アラゴン王国の宮殿としても使われた
●ラ・セオの後陣、礼拝堂(パロキエタ)、ドーム。 – ロマネスクゴシックムデハルなどの建築様式が融合している。「セオ」はアラゴン語で「大司教座」のこと。
●サン・パブロ教会の塔と教区教会
ピラール聖母教会・wikipedia-photo、カテドラル・wikipedia-photo、アルハフェリア宮殿・wikipedia-photo、サン・パブロ教会・wikipedia-photo  (wikipedia・サラゴサより)]

ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂は世界遺産に含まれませんが表示してあります。

サラゴサのページにリンク

下地図右のリストをクリックすると、上の地図にその場所がズーム表示、下地図に情報ウインドウが表示され情報ウインドウ内のリンクをクリックするとマーカーポイントのページが表示されます。また、「初期設定」ボタンをクリックすると初期画面に戻ります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *