アニマス礼拝堂

マーカーはアニマス礼拝堂です。

アニマス礼拝堂(Capela de Ánimas)
[サンティアゴ・デ・コンポステーラにあるアニマス礼拝堂の建設は、1784年4月8日に建築家ミゲル・フェロ・カアベイロ(Miguel Ferro Caaveiro)の計画と、主任建築家のフアン・ロペス・フレイ(Juan López Freire)により1784年4月8日建設開始され。1788年8月31日に新しい寺院の奉献が祝われ、聖なる慈悲のキリスト(Santísimo Cristo da Misericordia)の呼びかけの下に置かれました。
礼拝堂は長方形の平面で、単一の身廊、両側に3つの側面礼拝堂、そして身廊よりも狭い長方形の礼拝堂を備えた内陣があります。天井には、サイドチャペルの半円形ボールトと、教会の身廊の側壁柱で支えられたルネット付きの大きな半円形ボールトが使用されました。
内陣はまた、身廊との接続の要素として、スペイン王カルロス3世(在位:1759年 – 1788年)時代のスペインバロック古典主義の建築の非常に特徴的・印象的な凹型の身廊の残りの部分から内陣を分離するアーチを使用して、半円形ボールトで覆われています。 このタイプのアーチは、たとえば、マドリード王宮の礼拝堂にあります。
アニマス礼拝堂ファサードのトップ・wikipedia-photo、彫刻詳細・wikipedia-photo、正面ドア・wikipedia-photo、礼拝堂計画図・wikipedia-photo]

アニマス礼拝堂 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がアニマス礼拝堂です。