サン・マルティーニョ・ピナリオ修道院

マーカーはサン・マルティーニョ・ピナリオ修道院です。

サン・マルティーニョ・ピナリオ修道院(Monasterio de San Martín Pinario)
[サン・マルティーニョ・ピナリオ修道院は、スペインガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラにあるベネディクト会修道院です。サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル修道院に次いでスペインで2番目に大きい修道院です。
修道院は16世紀以降大部分が再建されたため、元の中世の建物はほとんど残っていません。修道院は19世紀に永代所有財産解放令de
修道院の没収で閉鎖されました。 現在、建物には神学校があります。
歴史
修道院は9世紀後半に取り壊されたコルチセラ(Corticela)と呼ばれるサンタマリアに捧げられた礼拝堂から始まりました。サンチャゴ大聖堂の一部であるチャペルを除きポルトガル王アフォンソ3世(在位:1248年 – 1279年)とシスナンド(Sisnando)司教が新しい大聖堂の建設を開始します。したがって、899年頃、この修道院はベネディクト会の修道士が古い礼拝堂から移動した場所に建てられました。この修道院は、後に教会が1102年にディエゴ・ゲルミレス(Diego Gelmírez)司教によって奉献された別の修道院に置き換えられましたが、その時代の多くは残っていません。
中世を通して修道院は成長し、15世紀の終わりまでに修道院はガリシアで最も豊かで強力なものになりました。これにより、16世紀にほぼ完全な再建が始まりました。その世紀から、それはガリシアで最も強力な修道院であり、ほとんどのガリシアの修道院を管理していました。
現在の教会は、1587年にサンティアゴ大司教としてフアン・デ・サン・クレメンテ・トルケマダ(Juan de San Clemente Torquemada)が任命された直後に建てられました。このプロジェクトは、市内で最も傑出した修道士建築家であるマテオ・ロペス(Mateo López)に委託されました。 1606年のロペスの死後、ベニート・ゴンサレス・デ・アラウージョ(Benito González de Araujo)は作品の指揮を引き継ぎました。
教会のファサードは、西に向いてサン・マルティン広場に面しており、3体に分割された石の大きな祭壇画の構造と、溝付きの柱で区切られた3つの通りのカバーがあり、ベネディクト会の聖母マリアの高揚に捧げられています。
ペディメント妻入りには、馬に乗って修道院の支援者と貧しい人々にコートを配ったサン・マルタンのレリーフがあり、
現在の側面は、マテオロペス(MateoLópez)の初期設計に加えて、その後の介入によるものです。このように、17世紀にペニャ・デル・トロ(Peña del Toro)はそれを拡大し、2つの塔を側面に追加しました。これは大聖堂の支部の反対によって教会の上に上昇しませんでした。 ドミンゴ・デ・アンドラーデ(Domingo de Andrade)が大聖堂の時計塔とプラザ・デ・ラ・キンタナ(plaza de la Quintana)のカサ・デ・ラ・パーラ(Casa de la Parra)で後に多用されるものの前身になりました。
1835年の永代所有財産解放令による押収により、さまざまな機関に使用され、1868年以来、サンティアゴ大司教区の神学校の席となりました。
現在、コンポステーラの主要な神学校、神学とソーシャルワーク学部の本部、博物館、ホステルとして機能し続けています。以前は、建物の一部が大学の住居として使用されていましたが、2007-2008年度の終わりに、すでに終了した構造内改革を実施するために閉鎖され、現在の主要な神学校のホステルの開設に道を譲りました。
アザバセリア(Azabachería)のファサード(無原罪の広場)・wikipedia-photo、修道院のファサード・wikipedia-photo、教会の正面玄関・wikipedia-photo、教会のファサード・wikipedia-photo、ファサードと階段・wikipedia-photo、ポルテリアの回廊・wikipedia-photo、教会の入り口からのメインの身廊の眺め・wikipedia-photo、上階からの身廊の眺め・wikipedia-photo、教会の聖歌隊・wikipedia-photo、合唱団の天井・wikipedia-photo、祭壇とヴォールト・wikipedia-photo、祭壇の背面・https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Monasterio_de_San_Mart%C3%ADn,_Santiago_de_Compostela,_Espa%C3%B1a,_2015-09-23,_DD_38-40_HDR.jpg、処女聖母の祭壇画(Reredos of la Virgen Inglesa)・wikipedia-photo、サンマルティンピナリオ博物館の新しい薬局・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サンマルティンピナリオ修道院に関するマルチメディアカテゴリがあります。]

サン・マルティーニョ・ピナリオ修道院 – Google Map 画像リンク」「Igrexa de San Martín Pinario – Google Map 画像リンク」「Seminario Mayor Compostelano – Google Map 画像リンク

カメラ位置は無原罪の広場で、カメラ北方向がサン・マルティーニョ・ピナリオ修道院です。

カメラ位置はサン・マルティン広場で、カメラ南西方向が聖マルティン教会です。

聖マルティン教会ゲート前のカメラです。

聖マルティン教会祭壇前のカメラで、カメラ南方向に処女聖母の祭壇画(Reredos of la Virgen Inglesa)があります。

聖歌隊席

二階聖歌隊席

聖マルティン教会礼拝堂のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*