ロカ岬

マーカーは「ルイス・デ・カモンイスの叙事詩の一節を刻んだ石碑」です。

ロカ岬
[ロカ岬(Cabo da Roca)は、ポルトガル共和国リスボン都市圏にあるユーラシア大陸最西端の岬である。位置、北緯38度47分、西経9度30分。西には大西洋が広がり、その遥か先にはポルトガル領のアゾレス諸島がある。シントラカスカイスから、バスが出ており、リスボンからの日帰り観光も可能である。
ここには、ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイス叙事詩ウズ・ルジアダス』第3詩20節の一節「ここに地終わり海始まる(Onde a terra acaba e o mar começa)」を刻んだ石碑が立っている。また、有料だがユーラシア大陸最西端到達証明書がある。5ユーロと10ユーロのタイプの証明書があるが、どちらにしても証明書には名前・日付等が入り、裏面には主要国の言葉で書かれた上記の詩(日本語もある)が書かれたものを入手することが出来る。
1703年5月22日、スペイン継承戦争フランス海軍とオランダ海軍が近くの海で激突、フランスが勝利を収めた(ロカ岬の海戦)。
ロカ岬のブルーアワー・wikipedia-photo、「ルイス・デ・カモンイスの叙事詩の一節を刻んだ石碑」・wikipedia-photo、ロカ岬の灯台・wikipedia-photo、ロカ岬・wikipedia-photo、ロカ岬・wikipedia-photo  (wikipedia・ロカ岬より)]

ロカ岬 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が「ルイス・デ・カモンイスの叙事詩の一節を刻んだ石碑」です。

ロカ岬の鳥瞰カメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*