グロスミュンスター

マーカーはグロスミュンスターです。

グロスミュンスターGrossmünster
[グロスミュンスター(“偉大な大聖堂”)は、スイスチューリッヒにあるロマネスク建築プロテスタントの教会です。教会は、市内の三大教会(他の二つは聖母教会聖ペーター大聖堂)の一つです。リマト川の岸辺近くにある現在の建物は、伝説によると、カロリング朝のシャルルマーニ(カール大帝)の帝国教会として布告された教会の敷地内に建設された。現在の構造の建設は1100年頃に開始し、1220年頃完成した。グロスミュンスターは中世を通じてリマト川流域で聖母教会と司教座聖堂を争う、修道院の教会だった。
1518年チューリッヒの市参事会に招かれてチューリッヒ司教座聖堂の説教師の地位についた、フルドリッヒ・ツヴィングリは、1520年にグロスミュンスターの牧歌的なオフィスからスイスとドイツの宗教改革を開始した。
1531年亡きツヴィングリの後継者として、チューリヒの大聖堂教会牧師として、ヨーハン・ハインリヒ・ブリンガーが就任する。ヨーハン・ハインリヒ・ブリンガーは宗教改革で重要な神学者で「契約神学の父」と呼ばれる。
グロスミュンスターのツインタワーは、チューリッヒで最も有名なランドマークとみなされている二つの塔は、1487年と1492年の間に建立された。建築学的に、教会はロマネスク様式であると考えられ、したがって、ローマ帝国の建築物で初めての汎欧州の建築傾向の建物の一つである。ロマネスク様式の建築様式に合わせて、グロスミュンスターは、グロテスクな柱頭を飾る古風な列柱を備え、素晴らしい彫刻が施された表玄関を備えています。ロマネスク様式の地下室は、11~13世紀にさかのぼります。
1932年、スイスの芸術家アウグスト·ジャコメッティによる現代的なステンドグラスの窓が追加された。オットー·ムンクによって北と南の玄関に華やかなブロンズドアが1935年と1950年に追加されました。教会は回廊で宗教改革博物館とチューリッヒ大学の神学学校に接続されている。
グロスミュンスター・wikipedia-photo、「オットー·ムンクによるツヴィングリのブロンズドア(1935)」・wikipedia-photo、グロテスクな頭柱で飾られた壮大な南玄関・wikipedia-photo、シャルルマーニュムンクによるブロンズドア(1935)・wikipedia-photo、「スイスの芸術家アウグスト·ジャコメッティにる1932年に追加された教会内部のステンドグラス」・wikipadia-photowikipedia-photo、ジグマー·ポルケによって2009年に作成されたステンドグラスの窓・wikipedia-photo、Münsterhofから見たグロスミュンスター・wikipedia-photo、リマト川から見た塔とWasserkirche・wikipedia-photo、ポータル・wikipedia-photo、レリーフ(ポータル、左側)・wikipedia-photoクワイヤから見た身廊wikipedia-photo、オリジナルのカール大帝の像とクリプトwikipedia-photo、南の外壁にハインリヒ・ブリンガーの彫像リリーフ・wikipedia-photo、カール大帝の彫像リリーフ・wikipedia-photo、北壁の詳細・wikipedia-photo、クリプトにある紋章・wikipedia-photo、チャペルと噴水と’Helferei’と言われる建物・wikipedia-photo、「修道院の建物の外観、今ではチューリッヒ大学の神学教授を収容」・wikipedia-photo、・wikipedia-photo、Karlstowerから見た同じ建物の屋根・wikipedia-photo]

Grossmünster – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向の右に見える扉がグロスミュンスターのメインゲートです。

カメラ西南西方向がグロスミュンスターのメインゲートです。

カメラ方向がグロスミュンスターの南ゲートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*