シュトュスィ噴水

マーカーはシュトュスィ噴水です。

シュトュスィ噴水(Stüssibrunnen)
[推定1575年建造。チューリヒで唯一、色つきの像を持つ。1443年の旧チューリヒの戦いで落命した市長ルドルフ・シュトゥスィにちなむ。所在地、シュトゥスィホフシュタット ( Stüssihofstatt )  (「チューリヒの噴水 – swissinfo.ch」より)]

[チューリッヒは1440年に一時的にスイス原初同盟(英語版)から追放されたが、これは他のメンバー国とのトーゲンブルク(英語版)(Toggenburg)の領土の争いによる戦争(古チューリッヒ戦争(英語版))によるものであった。1446年に和平合意が成された時にはどちらも意味のある勝利には達しておらず、チューリッヒは1450年に同盟に再加盟している。  (wikipedia・チューリッヒより)]

[「チューリッヒの市長​​、ルドルフ・シュトゥスィは、聖ヤコブファンデSIHLの戦い(1443)のスイス原初同盟の攻撃に対して、チューリッヒの近くにある、聖ヤコブの橋の攻防・Werner Schodoler(スイスの歴史を描いた年代記)に描かれた1515年の絵。」・wikipedia-photo]

stussihofstatt fountain – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がシュトュスィ噴水です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*