チューリッヒ中央駅

マーカーはチューリッヒ中央駅です。

チューリッヒ中央駅
[チューリッヒ中央駅(ドイツ語: Zürich Hauptbahnhof 、略して Zürich HB 、 1893 年までは Bahnhof Zürich )は、チューリッヒにあるスイス最大の鉄道駅である。国内の列車と隣接のドイツイタリアフランスオーストリアとの間で発着する国際列車ターミナル駅となっており、 1 日に 2900 本以上の列車が出入りする忙しい駅の 1 つとなっている。
最初の駅は、1847年にグスタフ・アルベルト・ヴェグマン( Gustav Albert Wegmann )によってスイス北鉄道( Schweizerische Nordbahn )の終点駅として、チューリッヒの北西側の町外れに建てられた。その当時は単に「チューリッヒ駅」( Bahnhof Zürich )と呼ばれていた。1871年には増大する交通需要に備えてヤコブ・フリードリッヒ・ヴァナー( Jakob Friedrich Wanner )により同じ地点で駅舎が建て替えられ、現在の姿となった。
1990年5月チューリッヒの S バーンのサービスが開始され、チューリッヒ中央駅はチューリッヒ S バーンの拠点駅となっている。チューリッヒ中央駅の博物館通り駅とヒルシェングラーベントンネルを経由して全ての放射状路線が運行されている。それ以外の S バーン路線で、リンクスフリーゲン・チューリッヒゼー線からチューリッヒ中央駅でスイッチバックしオエリコン駅方面へ向かう路線は、以前はプラットホームホールの番線を経由していた。中央郵便局駅完成に伴い、 2003 年から一部の、 2004 年 12 月のダイヤ改正からは全ての列車が中央郵便局駅使用に変更されている。2013年にライオン通り駅とそれに関連する2番目の直通線が開通すれば、この路線はライオン通り駅使用に変更され、途中で進行方向を変えることなく直通できるようになる。
かつてプラットホームを収容していた部分は、ヨーロッパで最大の屋根付きのホールとなっている。これを利用してその時々で様々な催し物が開催されている。野外映画館、フリーマーケット、クリスマスフェアなどが毎年開催されている他、スケート、ビーチバレー、街頭パレードの事前イベントなどが開かれたこともある。駅ホールと駅前広場の地下には”ShopVille”と呼ばれるショッピングモールが広がっている。
駅の周辺には、チューリッヒ市交通局路面電車トロリーバスの路線が運行されている。チューリッヒ中央駅はチューリッヒ路面電車網の中で最も重要な乗換拠点となっている。
「グスタフ・アルベルト・ヴェグマンによる初代駅舎」・wikipedia-photo、 20 世紀初頭のチューリッヒ中央駅・wikipedia-photo、「駅前広場とアルフレート・エッシャーの像」・wikipedia-photo、古い駅舎と併設された新しい商業施設とリマト川・wikipedia-photo、増築された部分を含む現代のチューリッヒ中央駅・wikipedia-photo、駅ホールの線路側・wikipedia-photo  (wikipedia・チューリッヒ中央駅より)]

[市街地中心部のリマト河岸にあるチューリヒ中央駅( =Zürich HB 、Zürich Hauptbahnhof )はスイスでもっとも大規模で、利用客の多い鉄道駅の1つです。
チューリヒ中央駅には、スイスの鉄道路線網の主要ハブにふさわしい、充実の設備が整えられています。スイス各地はもちろん、隣国(ドイツ、イタリア、オーストリア、フランス)との路線網も充実。チューリヒ中央駅発着の路線でよく利用されるのは、アムステルダムバーゼルベルンジュネーブインターラーケンルツェルンミラノミュンヘンパリウィーンなどの各路線です。
チューリヒ中央駅は近代的な鉄道駅であり、充実の各種施設とサービスを提供しています。駅窓口、両替所、お身体が不自由な旅行者向けの設備、遺失物取扱書、観光案内所、トイレ、手荷物預かり所、Wi-Fiによるインターネット接続、公衆電話などを完備します。交通機関と接続
ローカル列車&地下鉄: S バーン(都市近郊列車)の SN1、SN4、SN5、SN7、SN8、SN9 号線がチューリヒ中央駅に乗り入れています。
バス: バス路線31、46番がチューリヒ中央駅に接続しています。
タクシー: 駅の外にタクシー乗り場があります。
空港: S バーン( S2、S3、S4、S5、S6、S7、S8 号線)と長距離列車がチューリヒ国際空港までを結びます。  (「チューリヒ中央駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

『チューリッヒ中央駅 構内図』by アンペルマンさん|チューリッヒ駅の …

チューリッヒ駅 クチコミガイド【フォートラベル】|Zurich Huptbahnhof …

[毎週水曜日の 10 時~ 20 時、チューリッヒ中央駅構内にてマーケットが開催されています。今日はお天気がよかったので、久しぶりにマーケットに行って見ました。パン・チーズ・ヨーグルト・野菜・チキン・お菓子・タイ料理・・・様々な食べ物が売られています。
駅に到着し、色々なお店を見ながらぶらぶらと歩いていると、「あれ?見慣れた国旗があるよ!」そう、そのお店には日本国旗が掲げられていました。お店には「 JAPANISCHE BENTO (日本の弁当)」と書かれていました。初めて見るマーケットでの日本料理に心が躍ります近づいてみると、 4 種類のお弁当が店頭に並んでいました。 Sakana Bento (魚弁当) 18CHF 、 Niku Bento(肉弁当) 18CHF 、 Mixed Bento(ミックス弁当) 25CHF [左記の魚と肉の 2 種類が入っています。]、 Sushi (寿司) 17CHF 。後もらったパンフレットを見たところ、 Sushi Nigiri(にぎり寿司) 29CHF もあるようです。お寿司は人気があるようで、私が 12 時前にお店に行った頃にはすでに売り切れてしまっていました。ということでミックス弁当を購入しちゃいました。夕食にお弁当をいただきましたが、ボリューム満点でしっかりお味がついておいしくいただきました。このお弁当は日本人調理師さんによって作られているらしく、「スイスで焼き魚が食べられる日が来るかも」と楽しみにしながら、またちょくちょくマーケットをのぞきに行こうと思います。  (「MARKT RailCity Zurich(チューリッヒ中央駅構内マーケット) – URL – FC2」より)]

チューリッヒ中央駅 – Google Map 画像リンク」「Zürich Tourist Information(観光案内所) – Google Map 画像リンク」「ShopVille – Zurich Main Station – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がチューリッヒ中央駅東口です。

カメラ北方向がチューリッヒ中央駅南口です。

チューリッヒ中央駅東口のストリートビューです。

チューリッヒ中央駅南口のストリートビューです。

チューリッヒ中央駅構内マーケット広場のストリートビューです。

チューリッヒ中央駅構内マーケット広場西側のストリートビューで、カメラ東南東方向下は地下コンコースになります。

チューリッヒ中央駅 4 ・ 5 番ホーム頭端のストリートビューです。

4 ・ 5 番ホーム頭端のストリートビューです。

チューリッヒ中央駅 10 ・ 11 番ホーム頭端のストリートビューで、カメラ東南東方向がマーケット広場になります。

10 ・ 11 番ホームのストリートビューです。

チューリッヒ中央駅 16 ・ 17 番ホーム頭端のストリートビューで、カメラ南南東方向にインフォメーションがあります。

チューリッヒ中央駅 16 ・ 17 番ホームのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*