ポリバーン

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    ポリバーン
    [ポリバーン(Polybahn)又はUBS ポリバーン(UBS Polybahn)は、スイスチューリッヒ市の中心部を走るケーブルカーである。以前の名称は、SBG ポリバーン(SBG Polybahn)やチューリッヒベルク鉄道(Zürichbergbahn)である。鉄道は銀行グループUBS AGが所有しており、チューリッヒ市交通局が代理して運営している。鉄道はチューリッヒ・セントラル=ホクスチューレンから出発し、チューリッヒ工科大学のテラスまで乗客を運ぶ。これは以前、Eidgenössisches Polytechnikumと呼ばれており、鉄道はこの名前に因んでいる。
    歴史
    1886年に鉄道が承認され、鉄道は1889年に、チューリッヒベルク鉄道によって開通した。ケーブルカーは、水運転が実施された。鉄道は1897年に電化された。
    1950年には、チューリッヒベルク鉄道が赤字となり、結局1970年代には、引き続き承認を得ないことを決定した。1972年には、事業団が鉄道を支援するために設立された。その後、1976年には、ドイツ語でSchweizerische BankgesellschaftやSBGとして知られるスイス連合銀行がSBG ポリバーンとブランド化し、ポリバーンを救った。線路と車両は20年前に改装された。
    1996年には、完全に再建された。機械が交換され、3本のレールは完全に自動化された2本のレールと取り替えられた。1996年10月21日に、鉄道は営業を再開し、銀行グループUBSで1998年に再度ブランド化された。現在は、UBS ポリバーンとして広告される。1998年には、乗客が200万人を超え、新記録を達成した。
    ポリバーンの麓の駅のエントランス・wikipedia-photo、運行・wikipedia-photo、「車両は、麓の駅を出発した後、Seilergrabenを横切る」・wikipedia-photo、陸橋を通過するループ・wikipedia-photo、上駅に到着する前の車両・wikipedia-photo、上駅のエントランス・wikipedia-photo  (wikipedia・ポリバーンより)]

    ポリバーン – Google Map 画像リンク」「Central Polybahn – Google Map 画像リンク」「Polyterrasse ETH – Google Map 画像リンク

    カメラ東南東方向・赤枠ドアがポリバーンの麓の駅のエントランスです。

    カメラ南西方向がポリバーン頂上駅のエントランスです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *