ユピター噴水

マーカーはユピター噴水です。

ユピター噴水(Jupiterbrunnen)
[1750年ごろにローマ神話の神ジュピターの像が造られた。1987年に破損し、その後、新たにギリシャ神話の神ニケ(参考・サモトラケのニケ)にちなんだ像が造られた。所在、ノイマルクト ( Neumarkt ) / シュピーゲルガッセ ( Spiegelgasse )  (「チューリヒの噴水」より)]

[ノイマルクとシュピーゲルガッセの交差点での1576年からのミュラー計画では、噴水像のある噴水がすでに見られます。外観については何も知られていませんが、この図はおそらく1550年頃に描かれたと思われます。 ユーピテルの彫像は1750年頃のものです。 1987年12月に夜間の爆発的攻撃により破壊されました。プロジェクトのコンテストが開催されたのは、オリジナルに忠実な噴水図を復元することが困難だったためです。彫刻家バーバラ・ロス(Barbara Roth)は、新しい噴水像の作成を依頼されました。「l’étranger」の実装は、噴水に新しい神像を与えました-これが、ユーピテルがニーケー(勝利の女神)になったいきさつです。彫刻家のトーマス・エーラー(Thomas Ehrler)は噴水trに取り組んだ。完成式は1992年6月に行われました。
ノイマルクト・wikipedia-photo、「南東からのビルゲリチュルム(Bilgeriturm)、手前のナイキの噴水、右側のシアターアムノイマルクト(Theater am Neumarkt)」・wikipedia-photo  (「Bilgeriturm」)]

カメラ南方向がユピター噴水(Jupiterbrunnen)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*