聖母聖堂

マーカーは聖母聖堂です。

聖母聖堂
[聖母教会修道院はチューリッヒにあり、ドイツ人王ルートヴィヒ2世によって彼の娘のヒルデガルド(Hildegard)のため853年に設立された。
ルートヴィヒ2世(Ludwig II、804年 – 876年8月28日)は、東フランク王国カロリング朝)の国王。カール大帝の息子であるルートヴィヒ1世(敬虔王)の子(在位:843年 – 876年)。母はルートヴィヒ1世の最初の妃エルマンガルド・ド・エスバイ。ドイツ人王と称されている。彼は、修道院を彼の直接統治の下に置き、チューリッヒ、ウーリの土地とアルビスの森をベネディクト修道院に付与した。
1045年に、王ハインリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)は、修道院に市場の保持や通行税の徴収、貨幣の鋳造などの権利を与え、効果的に女子修道院長を街の支配者とした。
スイスを支配していた、ツェーリング家のベルトルト5世が世継ぎの無いまま亡くなり、ツェーリング家が断絶した後の1218年、チューリッヒはフリードリヒ2世_(神聖ローマ皇帝)によって街は帝国自由都市となった。フリードリヒ2世は1234年に聖母聖堂の修道院院長の階級を公爵に格上げした。修道院院長は市長を任命し、彼女は街の市民に硬貨の鋳造をしばしば委任した。偉大な力のこの時期の有名な女子修道院長はWetzikonのエリザベートだった。しかし、、チューリッヒのギルドのリーダーで女子修道院長から独立した最初の市長ルドルフ·ブラン、によって1336年のZunftordnung(ギルド法)の制定をはじめとし、14世紀には修道院の政治力は徐々に衰退し、修道院はフルドリッヒ・ツヴィングリ宗教改革の過程で1524年11月30日に解散した。
修道院の建物は新しい市庁舎のために場所を空けるために1898年に破壊され、残された教会の建物は、現在は、市内の34改革教区の一つの教区教会として機能している。
 Münsterhof広場(聖母教会の前の町の広場)は、かつての修道院にちなんで命名されています。
1757年の聖母教会修道院・wikipedia-photo、「聖母教会教会、聖歌隊のステンドグラスの窓はマルク・シャガール作である。」・wikipedia-photo、「マルク・シャガール作のステンドグラス」・wikipedia-photo、パレードから見た聖母教会・wikipedia-photo、教会の塔・wikipedia-photo、グロスミュンスターから見た聖母教会・wikipedia-photo、「ポール·ボドメルによるフレスコ画でチューリッヒの聖人」・wikipedia-photo、「聖母教会の前の回廊にあるポール·ボドメル作によるフレスコ画」・wikipedia-photo、「旧回廊にあるポール·ボドメルによるフレスコ画」・wikipedia-photoロゼットwikipedia-photo  (wikipedia・聖母聖堂チューリッヒより)]

フラウミュンスター – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が聖母聖堂です。

カメラ南南西方向が聖母聖堂です。

カメラ東方向が聖母聖堂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*