ラートハウス橋、ヴァイン広場

マーカーはヴィンツァー噴水です。

ラートハウス橋(Rathausbrücke)
[チューリッヒの市庁舎がリマト川右岸のこの地に建てられたのは1698年のことです。建築様式はドイツ・ルネッサンス建築で、都市国家チューリッヒの市庁舎として、当時、旧市街の中心地であったこの場所に建てられました。その市庁舎の前に架けられたのがラートハウス橋です。チューリッヒの街において、リマト川に最初に架けられた橋がこのラートハウス橋です。古地図を見ると、かなり昔から、相当幅の広い橋であったことがうかがえます。ラートハウス橋の近くには船着き場が併設され、船に乗ってチューリッヒの街を訪れる人にとっては、ラートハウス橋は、街への出入り口、玄関口の役割を果たしていたようです。  (「市庁舎とラートハウス橋 -ANAの旅の情報サイト- – 旅達空間 – ANA」より)]

[大きな規模のマーケットもあるのだが私は、ひっそりと、チューリッヒの旧市街Rathausbrückeで開かれてるマーケットがお気に入り。ホント知っている人しか、来ない秘密のマーケット。野菜と、チーズと、お花、ハムぐらいしか手に入らないけど、やっぱり、スーパーで買うのとは味が違います!  (「スイスより★コンブママのお元気モリモリ日記!」より)]

リヒターシュヴィメン
[毎年クリスマ-ス前にチューリッヒでおこなわれる伝統の祭り。18時になるとシュタットハウス 前の川岸 Stadthausquaiから小さなキャンドルを流していきます。リヒトLicht(明かり)、シュヴィメンschwimmen(泳ぐ)という名前の通り、何百ものキャンドルがリマト川に漂うさまは、まさに日本の灯篭流しを思わせる幻想的なもの。ヴァインプラッツWeinplatz(Rathausbrückeの西詰にある広場)では、恒例となったチューリヒ観光局による暖かい飲み物やお菓子のサービスも予定されています。  (「スイス政府観光局 – リヒターシュヴィメン」より)]

ヴィンツァー噴水(Winzerbrunnen)
[1630年から1674年まで地元ワインの取引場となったヴァイン広場(Weinplatz)に建つ。ワイン製造業者がブロンズ像になっている。デザインはオーストリアのヨハン・レグルで、シュタイアーマルク(Steiermark)に瓜二つの噴水がある  (「チューリヒの噴水」より)]

Town Hall Bridge – Google Map 画像リンク」「David Brunnen – Google Map 画像リンク

カメラ位置はラートハウス橋(Rathausbrücke)で、カメラ南西方向ホテル前がヴァイン広場です。

カメラ位置はヴァイン広場で、カメラ南南西方向がヴィンツァー噴水です。

ラートハウス橋、ヴァイン広場上空からの黄昏のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*