ツンフトハウス・ツア・マイセン(陶磁器博物館)

マーカーはツンフトハウス・ツア・マイセン(陶磁器博物館)です。

ツンフトハウス・ツア・マイセン[Zunfthaus zur Meisen](陶磁器博物館)
[Münsterhof(聖母教会修道院広場)にあるギルドハウスで、高級レストランと陶磁器博物館が入居している。
建物は、スイスチューリッヒアルトシュタット(旧市街)における歴史的価値のある建物の一つで、スイス国立博物館の磁器や陶器のコレクションを展示拠点です。
ギルドハウスは Zunft zur Meisen の代表的なバロック建築の市の宮殿として、リマト川の左岸で聖母教会修道院のすぐ近くに、経験豊富な建築家デビッド·モルフ(1700-1773)によって1757年に建てられました。
ギルドハウスはスイス国立博物館の磁器や陶器コレクションの7サイトの一つで、常設展示では、スイスの陶磁器の概要、18世紀の陶器工場の様な、陶磁器や食器の形状の開発と細密図案を展示している。焦点の一つは、キルヒベルク(Kilchberg)のPorzellanmanufaktur Schooren(1763~1790年)の作品です。
2009年9月のZunfthaus zur Meisen(陶磁器博物館)・wikipedia-photo、1757年の描画・wikipedia-photo、Münsterhofから見たギルドハウス・wikipedia-photo、玄関ドア・wikipedia-photo]

[チューリヒの旧市街にある、この町を代表するギルドハウスのひとつ。1336年にワイン商人や馬具屋のギルドとして誕生した。18世紀のロココ様式の建物の装飾が特に美しい。レストランにはゴットフリート・ケラーフェルディナンド・ホドラーなど、19世紀のスイスの文人や芸術家もその足跡を残している。エリザベス女王スウェーデン国王カーター大統領サッチャー首相もここに足を運んだ。  (「スイス チューリヒ地方 MICEガイド – スイス政府観光局」より)]

カメラ東北東方向がZunfthaus zur Meisen(陶磁器博物館)です。

カメラ北西方向がZunfthaus zur Meisen(陶磁器博物館)です。

Zunfthaus zur Meisen(陶磁器博物館)展示ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*