アンナ・ライザーブルンネン(アンナ・ザイラーの噴水)

マーカーはアンナ・ライザーブルンネン(アンナ・ザイラーの噴水)です。

アンナ・ライザーブルンネン(アンナ・ザイラーの噴水・Anna-Seiler-Brunnen)
[1548~1549年作。アンナは1354年にベルンの貧窮者のために全財産を投げ打って、病院を作った女性である。像はブドウ酒を水に混ぜている姿で、ブドウ酒を水割りにして亭主に節制をさせようとするふつうの女性市民を描いたものといわれるが、アンナをたたえた噴水塔であることには違いがない。  (「ベルン旧市街散策(前編): おかねの情報室」より)]

[アンナ・ザイラーの噴水は、牢獄塔の門前のマルクト通り(Marktgasse)にあり、スイスのベルン旧市街(Old City of Bern’s)にある16世紀の人物噴水の主要なグループに属しています。
噴水は14世紀の噴水に代わるものとして1545-1546年に建てられました。噴水図は、一方の手でボウルを持ち、もう一方の手で水差しから水を注ぐ女性の図を示しています。像はハンス・ギエン(Hans Gieng)によって造られました、おそらく節度の基本的な美徳を象徴しています。 19世紀まで使われたテンペランティア(Temperantia)の噴水という名前を説明します。噴水は、かつて刑務所として使用されていたケージタワー(Käfigturmes)の近くにあるため、もともとは捕虜またはケフィの噴水(ドイツ語の刑務所の言葉であるチェフィ)と命名されていました。
現在の名前はカール・ハワード(Karl Howald)の思いに遡ります。彼は、1354年にベルンに病院を設立した人物アンナ・ザイラー(Anna Seiler)を認めたかったのです。この病院は後にインセルスピタル(Inselspital)と呼ばれる、ベルンの大学病院の名前です。
アンナザイラーの噴水・wikipedia-photo]

アンナ=ザイラー=ブルネン – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がアンナ・ザイラーの噴水です。

アンナ・ザイラーの噴水後方からのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*