キンドリフレッサーブルンネン(子供喰いの噴水)

マーカーはキンドリフレッサーブルンネン(子供喰いの噴水)です。

キンドリフレッサーブルンネン(子供喰いの噴水・Kindlifresserbrunnen)
[恐ろしい形相をした男が次から次へと子供に頭から喰らいついている像が見られる。1544年の古い作品だが、何のためにこのような噴水塔があるかについては諸説がある。陽気なカーニバルを寓意しているとか、昔この近くに堀があり、子供が危険な堀に近づかないように恐ろしげな姿を見せていたとか、いろいろ言われている。しかし、昔はこの子供喰いの像は黄色に塗られていたという。中世都市一般に見られたユダヤ人蔑視の象徴と考えられる。ユダヤ教では宗教儀式に子供を食したと根も葉もない話をでっちあげていたのである。  (「ベルン旧市街散策(前編): おかねの情報室」より)]

[子供喰いの噴水は、スイスベルンにあるコーンハウスプラッツ(Kornhausplatz)にある、16世紀からのベルン旧市街(Old City of Bern’s)の噴水の1つです。
1545-1546年に15世紀の木製の噴水の代わりにハンス・ギエン(Hans Gieng)によって作成されました。新しい噴水の元の名前はプラッツブルンネン(広場の噴水)でした。 現在の名前は1666年に最初に使用されました。Kindliは、ドイツ語で「子供」を意味するKindのスイス・ドイツ語の小さな子供の意味です。したがって、Kindlifresserbrunnenという名前の文字通りの翻訳は、「小さな子供たちを食べる人の泉」となります。
噴水の彫刻は裸の子供をむさぼり食う鬼です。鬼のそばには、より多くの子供を入れた革袋が置かれています。鬼はユダヤ人の帽子に似た先の尖った帽子をかぶっているので、鬼はユダヤ人に対する血の中傷の表現として描写されていると推測されています。別の理論では、この像は、クリスマスシーズン中に行儀の悪い子供たちを罰すると考えられていたアルプス諸国の民間伝承の獣のような生き物であるクランプス(Krampus)に似ています。他の理論によると、ギリシャの神クロノスには彫刻の8つではなく6つ、土星には12が必要ですが、クロノスが子供を食べているか、ローマの土星が月を食べているという描写です。それはまた、その時点で近くのクマの穴(Bear Pits熊公園)に落ちないようにするための子供たちへの警告を表しているとされます。別の理論は、それがスイス連邦を北イタリアでいくつかの血なまぐさい敗北に導いたマテウス・シナー(Matthäus Schiner)枢機卿を表しているということです。別の理論としては、ベルヒトルト(Berchtold)公爵の兄(ベルンの創始者)の描写であり、彼の弟が彼に影を落とすことに激怒し、町の子供たちを集めて食べたとされます、実際にはそのような事件はなかったとベルンの歴史書に記録されています。最後の理論は、それは不従順な子供たちを怖がらせることを目的とした単なるカーニバルのキャラクターであるということです。
噴水口の周りには、笛を吹く人や鼓手など、武装したクマが戦争に行く様子を示すフリーズがあります。フリーズは、ハンス・ルドルフ・マヌエル・ドイチュ(Hans Rudolf Manuel Deutsch)によって描画された可能性があります。
子供喰いの噴水は、ジャック・チェセックス(Jacques Chessex)による小説The Ogreの重要なオブジェクトです。
子供喰いの噴水・wikipedia-photo]

Kindlifresserbrunnen – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がキンドリフレッサーブルンネン(子供喰いの噴水)です。

キンドリフレッサーブルンネン(子供喰いの噴水)前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*